【面酷(Noodle Loft)】莜面栲栳栳

【面酷(Noodle Loft)】莜面栲栳栳
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ハダカエンバク麺の蒸籠蒸し
莜面栲栳栳(you2mian4kao3lao3lao)
P1080602.jpg

【データ】とき:2月27日/ところ:西大望路・面酷(Noodle Loft)/ねだん:18元

山西省の麺と言えば刀削麺が有名だが、
こちらではこの莜面もかなり知名度がある。
(「西貝莜面村」というお店が有名。)

「莜面(you2mian4)」は、
「莜麦(you2mai4)=ハダカエンバク」で作った中華麺。
見た目よりはしっとりしていて、むにっとした独特の食感がある。

山西省山間部で食べられていた主食で、
莜麦をこねて作ったタネを餃子の皮くらいのサイズに薄くのばしてくるりと一巻きし、
蒸籠で蒸したものをたれにつけて食べる。

たれは、卵とトマト、唐辛子油風味の黒酢、それに羊肉風味のスープ。
この羊肉風味スープが本式なのだが、
冷めてしまっていてかなり羊肉の臭みが強い。
苦手な人も多いだろう。

「栲栳(kao3lao3)」は山西省の田舎の方言で、
柳の枝や竹で編んだ升形の入れ物のことだそうだ。

莜面の蒸籠蒸しになぜ枡形の入れ物の名前がついているのかは、
この料理の形状に関係がある。

莜面は粘りけが足りず、
小麦粉で作った麺のように細麺状にのばすことができない。
それで小さめの円盤状にして丸めるのだが、
その形ですら、蒸すとくったりして倒れてしまうので、
一つ一つを密着させて蒸籠にきちきちに詰めていく。

P1080603.jpg


もともとはその様子が「蜂窩(feng1wo1)=蜂の巣」に似ているので、
「莜面窩窩(you2mian4wo1wo)」と呼ばれていたのだが、
それが後に「栲栳(kao3lao3)」に似ているとされて、
「莜面栲栳栳」という名前がついたのだという。

これ、実はとびきり美味しいものではない。

実際、たくさん頼もうとしたら店員さんに
「雑穀麺だから、食べつけなくて口に合わないかもしれませんよ。」
と予防線を張られたくらいだ。

それもそのはず、莜面はもともと山西省山間部の農民たちの日常食。
気候も寒くやせた土地の多いこの地域は小麦の栽培に適さず、
莜麦くらいしか育つ穀類がなかったのだという。
その粉で作った莜面は、手軽で腹持ちのいい安価な食べ物、
ぶっちゃけた話が粗末な食べ物なのだ。

「1000年余りの歴史がある食べ物」だと言えば聞こえはいいが、
要はそんな昔から食べられている原始的な食べ物だとも言える。

郭蘭英という有名な歌手が歌った山西民歌にも、
「……交城的大山里,没有那好菜飯,只有莜面栲栳栳,環有那山薬蛋」
というフレーズがある。
「……町境の山ん中には、美味い飯なぞありゃしない。
 あるのは莜面栲栳栳だけ、それからジャガイモくらいのもんだ。」
これくらいしか食べるものがないほど貧しい地域の食べ物なのだ。

莜面を作る莜麦は、「燕麦(yan4mai4)」、「玉麦(yu4mai4)」とも呼ばれる。
飢饉や寒さにも強い品種で、2500年余りも前から栽培されているという。

そんな原始的な穀物で作った貧しい地域の食べ物が、
今では食生活にアクセントを添える食品として結構人気を呼んでいる。

「栄養価が高くて、肝臓や腎臓によく、造血作用があって免疫力を高める」
「体が丈夫になり、頭や目が良くなり、美容にもいい」、
「コレステロールが下がり、糖尿病の治療にも効果がある」
などともてはやされ、
それをまた飽食の国、日本から来た私たちが、物珍しげに口にする。

2500年の歴史を持つ麦と、その麦を使った1000年の歴史を持つ料理。
お腹にも心にも、なんだか重たくこたえたのだった。

▼他にもこんな山西麺がありますよ!
【晋陽双来飯庄】山西麺

■お店情報
面酷(Noodle Loft)
朝陽区西大望路20号
010-6774-9950
*西大望路(SOHO現代城東側の南北の道)を南へ進み、
  線路をくぐってしばらく行ったところ。道の右(西)側にあります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/11(火) 00:31 | | #[ 編集]
ayaziさんへ
こんばんわ!
私、これはてっきり「シュウマイ」だとばっかり思っておりました。
ソースをつけて食べるあたり、イタリアでいう処の所謂「そば粉のパスタ」みたいなものですね。
2008/03/11(火) 23:20 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
そう言われてみると、確かにシュウマイっぽいですねえ。
イタリアのそば粉のパスタって、こんな風に食べるんですか?
どんなんだろう・・・こちらも食べてみたいです。
2008/03/12(水) 01:03 | URL | ayazi #-[ 編集]
うーん・・・
いろいろと効能は書かれてますが、「美味しい」って一言は無いですねぇ。

珍しい食べ物の紹介であって、味は別って解釈で宜しいのかしらん?

(わざわざ確認の必要も無さそうだけど、念のためてーど)
2008/03/12(水) 06:49 | URL | おまつ #mQop/nM.[ 編集]
おまつさんへ
「美味しい」からまた絶対食べに行こう!というものではありませんね、確かに。
だからと言ってまずい訳でもないんですよ。
あのムニムニ食感がちょっとクセになるというか。
とりあえず一食の価値はあると思います。
2008/03/12(水) 12:03 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。