【聞香趣】芹菜腐竹

【聞香趣】芹菜腐竹
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

セロリと干し湯葉の和えもの
芹菜腐竹(qin2cai4fu3zhu2)
P1080291.jpg

【データ】とき:1月26日/ところ:南鑼鼓巷・聞香趣/ねだん:6元とか8元とか?

ayaziの思い出レストラン、聞香趣。
同じく中戯留学経験のある小翠さんが日本から出張でやって来たので、
久しぶりに訪れてみたところ、店内満席。

懐かしのレストランが変わらず繁盛しているのは嬉しいこと。
いつの間にか経営者が変わり、店名が変わり、そしてお店自体がなくなる・・・
そんな展開が多い中、こうして変わらずなじみの店に足を運べるのは幸せなことだ。

南鑼鼓巷がすっかり人気スポットになってしまったおかげで、
この店にも外国人や観光客のお客さんが増えた。
そのせいか若干味が変わってきたような気もするが、
それでもやはり、
ここの味が私の北京ローカルグルメの初期値であることに変わりはない。
いつまでも飾らない素朴な美味しさを保ち続けてほしいと願ってやまない。

で、この芹菜腐竹である。

「芹菜(qin2cai4)=セロリ」と「腐竹(fu3zhu2)=干し湯葉」の和えもの。
セロリはさっとゆで、干し湯葉は戻して、
塩、ごま油、辣油などで味付けたシンプルな前菜だ。

しっかりと歯ごたえのある湯葉と、シャキシャキとしたセロリの組み合わせが絶妙。
どこのお店でもたいていメニューに載っている定番料理だ。

ただ、この日の芹菜腐竹はなんとなくぼんやりした味であまり満足できなかった。
セロリが新鮮じゃなかったから?
それともあまりの忙しさに味付けのカンが狂った?

わが心の食堂、聞香趣よ。
南鑼鼓巷が変わっても、どうかここだけは変わらずにいておくれ。


▼過去の「聞香趣」関連記事:
【聞香趣】


■お店情報
聞香趣(老賓朋)
南鑼鼓巷
*平安大道から南鑼鼓巷を北上して50mくらい、通りの西側。
過客よりは南側にあります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。