【四川省駐京弁餐廳】辣子仔鶏

【四川省駐京弁餐廳】辣子仔鶏
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ひな鶏唐揚げの唐辛子炒め
辣子仔鶏(la4zizai3jia1)
P1080256.jpg

【データ】とき:1月20日/ところ:建国門内・四川省駐京弁餐廳/ねだん:68元

この日、川弁餐廳にやって来たのは、
北京赴任半年足らずにしていきなり上海転勤が決まったという
Mさん夫妻とお約束していたから。

「何が食べたいですか?」
と尋ねると、辣子鶏がいいとおっしゃる。

辣子鶏はついこの間一緒に食べたばかりなのに、
「やっぱりこれが食べたい」
というMさんの言で、再びのオーダー。
山盛り唐辛子の中に骨付き鶏肉の唐揚げが隠れている、
例の真っ赤なメニューだ。

ただし今回頼んだのは辣子仔鶏(la4zizai3ji1)。
メニューを見ると、68元と普通の辣子鶏よりはかなり割高。
「仔鶏(zai3ji1)=ひな鶏」が使われているからだという説明にまあそんなものか・・・
と頼んでびっくり。

なんと、普通のお料理の4~5倍はあろうかという巨大なお皿に盛られた、
超山盛りのテラ辣子鶏だったのだ。

他のお料理のお皿や、タバコと比べてみるとその大きさが分かるだろうか。

P1080257.jpg


さらにまたこの辣子鶏、
辛さまでテラ級メガ級の激辛唐揚げ。
唐辛子の種まみれになった唐揚げを、ひーひー言いながら食べた。

こうなるともう、
オアシスとして頼んだ枝豆の前菜だけでなく、
麻婆豆腐はただのさっぱり豆腐炒め煮、
山椒の芽で和えた鶏肉の前菜や、
結構ビリリの川北涼粉でさえ、
オアシスのようなマイルドさ。

「前より辛くなくなったねえ。」
なんて言っていた川弁餐廳だけれど、
このテラ辣子鶏は例外だったようだ。


▼過去の「四川省駐京弁餐廳」関連記事:
【四川省駐京弁餐廳】


■お店情報
四川省駐京弁餐廳
東城区建国門内貢院頭条5号
010-6512-2277(内)6200


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
私が食べたのは、「辣子ハト」だったのですが、時期によってちがうのかなぁ。
お皿は同じように大きかったのですが、ハトだったせいかお肉の量が少なかったような・・・。
それにあんまり辛くなかった。
でもこの味付けにハトの滋味深い身がよく合って、とても美味しかったです。
2008/02/13(水) 16:51 | URL | みれん #-[ 編集]
みれんさんへ
ハトの辣子鶏!
食べたことはないですが、それはかなり美味しそう!
見かけたら頼んでみます。
それにしても、みれんさんには教えられることが多いです。
またいろいろ教えてくださいね!
2008/02/13(水) 18:49 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。