【四川省駐京弁餐廳】椒麻鶏

【四川省駐京弁餐廳】椒麻鶏
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

鶏肉の山椒和え
椒麻鶏(jiao1ma2ji1)
P1080254.jpg

【データ】とき:1月20日/ところ:建国門内・四川省駐京弁餐廳/ねだん:22元

ゆでた骨付きの鶏肉を、刻んだ山椒の芽で和えた前菜。
花山椒の実も入っているので、例の「麻(ma2)=ぴりぴりする」な感じもあるが、
何より特筆すべきは山椒の芽の風味だ。

口に入れた途端、突如としてよみがえる懐かしい味の記憶。
その風味に思わず声をあげた。

「山椒の芽の香りだ~!」

パンッと手のひらで叩いて香りを引き出す、あの山椒の芽の香りなんである。

そういえば、中華料理で山椒の実ではなく芽を使った料理はこれが初めてだ。
塩気とごま油を利かせてやや濃いめの味付けにはなっているが、
山椒以外を控えめにして出汁醤油などで工夫すればかなり和風にもなりそう。

あっさりした鶏肉と山椒の芽。
北京きっての本場四川料理レストランで、
思いがけずしみじみと日本の味を懐かしんでしまった。


▼過去の「四川省駐京弁餐廳」関連記事:
【四川省駐京弁餐廳】


■お店情報
四川省駐京弁餐廳
東城区建国門内貢院頭条5号
010-6512-2277(内)6200


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
緑の辛さ♪
うわぁー山椒の葉でアクセントですかぁ。すごいなぁ・・・そっちはいつでも入手可能なのでしょうか?
私は欲しくて欲しくて仕方ないのだけど、家で植木で育てるつもりなんで、もう少し季節をまってます。

中国産が悪い話題で取り上げられてますけど、粒山椒とか中国産の方が全然安いんで、バンバンお料理に使えるしね。なんか痛し痒しです。

緑の辛さというと、ハラペーニョとかプリッキーヌーとかですけどね。山椒の葉の辛さは、また違う風味の辛さでしょう。

うらやまひー♪
2008/02/07(木) 01:28 | URL | おまつ #mQop/nM.[ 編集]
おまつさんへ
山椒の芽、手にはいるのかなあ。
スーパーでは見かけませんが、市場に行けばあるのかもしれません。
いやいや、山椒の芽を使ったお料理は初めてなので、やっぱり特別なのかも。

私の実家にも割合大きな山椒の木があって、春先に芽を摘んで佃煮にするのが楽しみでした。
なんとも言えない味わいがありますよねえ。

スパイスやナッツは断然中国製が安いですよね。
そうしたものも含め、口に入るものについては、私はもう覚悟を決めて食べてます。
好きこのんで北京に住んでますし、イヤなら帰ればいいですし。
中国に住んで中国産を避けるのも、おかしな話ですしね。
むやみに避けるより、こちらの人が市場でしっかり野菜を選んだり、洗ったり水に浸したり、生食しなかったりといった、選び手、食べ手としての知恵を見習いたいものだと思ってます。
2008/02/07(木) 09:09 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。