【渝郷人家】水煮魚

【渝郷人家】水煮魚
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

川魚の激辛スープ煮込み
水煮魚(shui3zhu3yu2)
P1080051.jpg

【データ】とき:1月11日/ところ:朝陽門・渝郷人家/ねだん:170元ほど

水煮魚はもっぱら沸騰魚郷で食べる。
沸騰魚郷の水煮魚は辛さが爽やかで、すっきりしているからだ。

▼沸騰魚郷のもの
【沸騰魚郷】水煮魚

この記事の時に食べたお魚は高級稀少魚の江団(jiang1tuan2)。

淡泊な味にもかかわらず、味わい豊かで、
身はやわらかいながらもむっちりぷるぷる
すっかりその美味しさのファンになったが、
なんでもなかなか水揚げのない稀少な極上品だそうで、かなりお高い。

お金と勇気と勢いがないと頼めないので、
次に江団ちゃんにありつけるのは、いつのことかなあ・・・。
と思っていたのだが、今回思いがけず渝郷人家でお目にかかることができた。

ふだん渝郷人家で水煮魚を頼むことはほとんどない。
たいてい二人なので、
でっかい金魚鉢みたいなサイズでやってくる水煮魚を頼んだ日には、
ほんとにそれだけしか食べられなくなってしまうのだ。
ところが、中国人女性は結構この二人で水煮魚をやってしまう人がいる。
女性二人の食卓にどっかんと巨大ボウルの水煮魚、
それに白ご飯だけもらってひたすら食べる姿は、なかなか異様なものがある。

ところで、この日水煮魚を頼んだのは、
Iさんの親しいご友人、Rさんの強いプッシュによる。
なんでも、
「ここの水煮魚は調理前にしっかり下味をつけているので、
 臭みがなくて美味い」
というのだ。
それでは、と頼んでみた次第。

実は、水煮魚は渝郷人家の看板料理でもある。
そう思って周りを見渡すと、
確かにたいていのテーブルにこのどでかいボウルが乗っている。

旧記事でも書いた通り、水煮魚は調理する魚を選ぶことができる。
この日選んだのは、前述の江団。
1斤(斤は500g)50元ほどの鯰や桂魚と比べて、
98元とほぼ倍近い値段だ。

値段に少々びびり、
「できるだけ小さいのを選んできてください。」
と店員さんにお願いしたにもかかわらず、
ビニール袋に入れられてテーブル横に運ばれてきたのは1斤7両となかなかの大物。

(こちらでは、選んだ魚をテーブルまで運んできて、
 一応オッケーをもらってから調理することになっているのだ。)

思ってたよりも大きいけれど、まあいいだろう。
ゴーサインを出す。

そしてしばらく、
こんなのとかこんなのとかこーんなのを食べている間に、
ビニール袋の中でびちびちはねていた江団が、
スライスされ唐辛子と山椒にまみれて帰ってきた。

まずは店員さんが唐辛子と山椒をすくい取ってくれる。

P1080053.jpg

こんなにいっぱい入っているのだ!

こちらには、このすくい上げた唐辛子と山椒をお持ち帰りする人もいる。
そのまま食べるのではなくて、
自宅で炒めものをする時の調味料として再利用するのだ。

唐辛子と山椒をすくい取ると、こんな風になる。
P1080055.jpg

お姿はちょっとグロ系。

さて、久しぶりの江団のお味は・・・と思っていたら、
隣のIさんから驚きとも喜びともつかぬ声が上がった。
「何これ。こんな魚食べたことない。」

そう、このやわらかめのゴムやグミみたいにむっちりと身が締まり、
それでいてぶるるんとゼラチンのようにふるえる弾力。
「全身コラーゲンみたい。」
にこにこ顔の女性陣である。

そして特筆すべきは皮の美味さ。
とろりと舌に巻きつくような冷たい(熱いんだけどね、そういうイメージなの)粘着質の皮には、
不思議な滋味が感じられる。
アンコウなんかも皮が美味いけれど、このお魚にもそれが言えるな。

もちろん魚臭さはほとんど感じられない。
江団自体あまり臭みのない魚だし、
Rさんのおっしゃる通りしっかり下味がついているせいでもあるのだろう。

おろした時に残る背骨まわりの肉や、
しっぽのところ、
それからかち割って入れてある頭の部分も忘れずにせせってほしい。
特に頭は、かまのところのふっくらお肉や、
目のまわりのぷるぷるコラーゲンゼリーなど、
実はとっても食べでがあるし、
何より美味い。

江団の頭肉は、ほんとにもう冗談ではなく全部コラーゲンみたいにふるふるだ。
食べるというより、骨に唇を当ててすする感じですらある。
ここが一番美味だからね。
お行儀なんて無視して、ねぶってせせってしゃぶりましょう。

水煮魚の必須食材、黄豆芽(huang2dou4ya2)=豆もやしもいい。
時々普通のもやしで代用しているお店もあるけれど、
それだとへなへなになってしまって、
激辛味のパンチに負けてしまう。
ここはなんと言っても、豆もやし。
ハリハリした食感と、大豆の旨味が感じられる。

1斤7両は多いかなと思ったけれど、まったくそんなことはなかった。
「2斤以上あってもよかった」
と、一人で反省してしまった注文担当であった。


▼過去の渝郷人家関連記事:
【渝郷人家】

■お店情報
渝郷人家(聯合店)
朝陽区朝陽門外大街20号聯合大廈5階
010-6588-3841/3845


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。