【精武人家】鴨脖子

【精武人家】鴨脖子
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ダックの首肉のピリ辛煮(冷菜)
鴨脖子(ya1bo2zi)
P1080033.jpg

【データ】とき:1月6日/ところ:自宅/ねだん:おみやげなのでタダ

2003年末からしばらく北京を離れている間に、
北京にやたらと増殖した間口1間くらいの小さなスタンド風のお店がある。
鴨脖子(ya1bo2zi)を売るお店だ。

鴨脖子(ya1bo2zi)は、
ダック(鴨)の首(脖子)のところのお肉を
唐辛子、山椒、塩、油、砂糖、天然香辛料、茴香、丁字、熟成酢、チキンブイヨン、
それから各種天然生薬などなどで煮込み、冷ましたもの。
冷菜というよりは、おつまみというか、スナック扱いかな。

これは、同僚が親戚からもらったとか言って会社に持ってきた真空パックもの。
(パッケージはこんなの。)

湖北省は武漢に行った時におみやげだそうだ。
「二つもらったから一つはayaziにあげる。」
と言うので、ありがたくお裾分けしてもらった。

鴨脖子は普段あまり口にしないのだが、
たまに食べるとやはり美味しいと思う。

もともとが首まわりの肉好きだし、なんてったって麻辣味だ。
嫌いであるはずがない。

この精武人家というメーカーは、武漢で一番おいしい鴨脖子の店ということらしい。
(ネットでそういう評価があったのを読んだだけですけど。武漢の方、どうですか?)
精武人家のサイト

なんだかえらい行列になっている。
同僚の親戚もわざわざお土産に買ってくるくらいだから、
きっと現地でも人気のお店なのだろう。

武漢での評価はともかくとして、これ、ほんとに美味しい。
まず、今まで食べたどの鴨脖子より、お肉がしっかりついている。
歯を立てるとすぐ骨に到達してしまって「あれ?もう終わり?」な他のところのより、
格段に食べでがある。
むしり取っても、まだあと一むしり分ある感じだ。
かなり幸せな気分になれる。

味付けもいい。
辛すぎず、甘すぎず、ピリピリしすぎず、でも旨味はたっぷりで、
これはかなり後を引く。

真空パック一袋なんて、はっきり言ってちょろい。
あっという間に完食だ。

惜しむらくは、真空パック包装なのでどうしても「加工」ものっぽい感じになってしまうこと。
妙につるんとしてしまって、不自然。
やっぱりお店で買ったものを食べたいなあ。

とは言え、北京にいるのだからそれは無理というもの。
この際贅沢は言えない。
どなたかお知り合いで武漢に出張される方がいたら、
お土産はぜひこれでよろしく~


■お店情報
精武人家(加盟店本店)
湖北省武漢市漢口精武路附二号 精武路入り口の右手「精武路第一家」
本社代表電話:027-5150-5012、027-8579-4144


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
おお、このパッケージ、何となく見覚えが。上海にいた頃、出張に来た武漢のスタッフのおみやげが確かこれだったような。。

仕事中に出されたので「これ、白酒ちびちびやりながら食ったら旨そうだな。残念」とコメントしたら、上海人からは全く同意を得られなかったです。
2008/01/21(月) 00:39 | URL | 酒徒 #-[ 編集]
酒徒さんへ
あ、やっぱり武漢土産としてはかなり有名なんですね。
はいはい、かなりしっかりガツン系の味付けなので、白酒に合うと思いますよ~!
水ビールしか飲めない上海人に分からなくてもいいんですもんねー。
2008/01/21(月) 11:43 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。