【銀灘酒楼(劉記馥園)】鮑汁滋補火鍋(一)

【銀灘酒楼(劉記馥園)】鮑汁滋補火鍋(一)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

鮑スープの滋養鍋
鮑汁滋補火鍋(bao4zhi1zi1bu3huo3guo1)
P1070998.jpg

【データ】とき:1月6日/ところ:望京・銀灘酒楼(劉記馥園)/ねだん:全部で180元ほど

1月2日に韓国風激辛たこ鍋に化けてしまったのは、このお鍋。
銀灘酒楼の鮑汁滋補火鍋(bao4zhi1zi1bu3huo3guo1)だ。

以前にも何度か行ったことがあり、前のブログでも紹介したことがある。

▼旧ブログの関連記事:
「キノコ鍋でポンポコリン」

このお店、ものすごく分かりにくいところにある。
そもそも望京自体が非常に方向感覚を失いやすい街作りになっているため、
自分がどこにいるかよく分からなくなってしまう上に、
南湖西園という本当に普通の住宅街の中にあって、
大通りからも見えない。

自力でたどり着くのはちょっと難しいと思うので、
行ったことのある人と一緒に行くことをオススメする。

しかも、さらに紛らわしいことにお店の名前が最近変わってしまった。
もともとは銀灘酒楼だったのが、登記の関係で正式名を劉記馥園に変更。
お店の看板もこうなっている。
P1070992.jpg


ただ、ビル外壁の店名はもとの銀灘酒楼のまま。
P1070991.jpg


紛らわしいことこの上ない。

ところで、ここのお鍋は実は「キノコ鍋」を謳っている訳ではないのだが、
いつもどっさりキノコを入れて食べるので、
私の中ではすっかり「キノコ鍋」という位置づけになってしまった。

中国人の間では、鮑の薄切りをしゃぶしゃぶして食べる
「鮑魚火鍋(bao4yu2huo3guo1)」として知名度があるようだが、
実はこのお鍋の白眉はスープ自体に他ならない。

「鮑汁(bao4zhi1)」と名の付くところからも分かる通り、
このお鍋のスープは、鮑ベース。
他にも、ダック、鶏、豚の骨、生薬で24時間くつくつと煮込んだものだ。

P1070997.jpg

棗やクコも浮かんでいる。

スープは毎日大鍋で二つ、一つは昼から、もう一つは夜から煮込み始める。
昼の営業用スープは前日の昼から、
夜のスープは前日の夜から煮込んだものという訳だ。

ところで、四川の火鍋と言えば、真っ赤っかの激辛スープが普通なのに、
ここのは白濁したお出汁たっぷり系。

聞けば、このスープはお店の女主人、
劉阿姨が自宅で作るお手製の鍋がベースになっているのだという。
(ここの店員さんたちは、ご主人劉さんのことを親しみを込めて「阿姨」と呼ぶ。
 「阿姨(a1yu2a1yi2)は、「おばちゃん」とか「お姉ちゃん」。)
*「阿姨」の発音をタイプミスしていました。正しくは「a1yi2」です。そそっかしい病、爆発。
お詫びして訂正いたします。(2010/2/23訂正)


なるほど、確かに家庭料理らしいあたたかみが感じられるやさしい味だ。
「滋補(zi1bu3)」と名前がつく通り、
劉阿姨が家族の健康を思いやって作ったスープなのだなあ、きっと。

劉阿姨はスープの水にもこだわる。
スープに使われる水は、北京の郊外にある譚柘寺の近くの水だ。

譚柘寺は、北京門頭溝区にある316年創建の古刹。
「先有潭柘,后有幽州(先に譚柘寺が有り、後に北京城有り)」
と言われるように、北京という街が出来る前からある歴史ある仏教寺院である。

「劉阿姨がいろいろ飲んでみて、譚柘寺のお水が美味しいと思ったんですか?」
と店員さんに聞いてみると、
「いいえ、阿姨は仏教徒ですから。」

なるほど。
美味しいだけではなく、霊験もあらたかなスープという訳か。

お店に入ってお鍋を注文すると、
あれよあれよという間に鍋セットが運ばれてくる。

鍋底(guo1di3)ベースのスープ:48元/醤(jiang4)たれ:10元
P1070993.jpg


薬味やちょっとしたおつまみも。
P1070999.jpgP1080003.jpg


たれはピリ辛の海鮮ダレと、ちょっと甘めのお醤油ダレ。
辛いのがお好みの方は、唐辛子の輪切りをパッパッと入れてどうぞ。

まずはこの鮑汁でつくったお粥で食欲増進。
P1080009.jpg


セロリのみじん切り入りで、とてもさわやか。
旨味たっぷりのお粥は、正直なところこれだけ食べても十分幸せになれる。

*****

あまりに長くなりそうなので、続きはまた次のエントリーで。
(【銀灘酒楼(劉記馥園)】鮑汁滋補火鍋(二)に続きます。)


■お店情報
銀灘酒楼(劉記馥園)
朝陽区望京南湖西園117楼
010-6470-4958
(北四環路を望京橋で望京方面に曲がり、
 そのまま直進してガタガタ道をもろともせずさらに進み、
 湖光中街を越えてしばらく行くと、左手に南湖西園があります。
 入り口を入り、道なりに進んだ左手奥のやや低い建物の二階です。)
*「望京橋」を「望京西橋」にしてました。お詫びして訂正します。(1/28訂正)
P1070991.jpgP1070992.jpg

(*1/25に再訪したら、右入り口写真の「劉記馥園」の横断幕が外されてました。)

*息子さんが開店したお店で、同じ味のお鍋が楽しめます。
牛車水(Fountain)
朝陽区工体北路甲8号(城市賓館から東へ50m)
010-5120-2666/2999


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
おばさんのピンインがayuになっていましたayiの間違えではないでしょうか?
2010/02/19(金) 08:36 | URL | 北京人 #-[ 編集]
北京人さんへ
おっしゃる通り、「ayi」です!
何をぼけて「ayu」なんて入力しているんでしょうか・・・爆
さきほど訂正いたしました。
ご指摘ありがとうございます!
2010/02/23(火) 17:59 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。