【皇城根[衣荅][衣連]火焼】爆炒腰花

【皇城根[衣荅][衣連]火焼】爆炒腰花
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

豚の腎臓の炒めもの
爆炒腰花
P1070817.jpg

【データ】とき:12月16日/ところ:寛街・皇城根[衣荅][衣連]火焼/ねだん:10元代だった?

棒餃子を食べに行って、
思いがけずダックを見直す会になってしまった今回のローカルグルメ会。

肝心の棒餃子は以前のエントリーでご覧いただくことにして、
今日はこの日頼んだ他のお料理のご紹介。

「僕これ、好きなんですよ。」
と、いつもはオーダーお任せのSさんが珍しく自ら頼んだのが、
この爆炒腰花だ。

「爆炒(bao4chao3)」と言っても、別に爆発している訳ではなく、
「爆(bao4)」は熱した油でジャーッと揚げ炒めすること。
「腰花(yao1hua1)」は、
「腰子(yao1zi)=豚や羊の腎臓」に細かく包丁を入れたもののことだ。
炒めると花のように開くのでこの名がある。

腰子はレバーほどクセがなく、つるりとした光沢と食感のある臓物。
日本ではあんまり見かけないが、
こちらではかなりポピュラーな食材だ。

しっかりと下処理をして濃いめに下味をつけ、
さらにニンニクをたっぷり入れた醤油味でザッザッと炒めてある。
唐辛子でぴりっと辛めに味付けてあり、お酒にもご飯にも合う。
赤青ピーマンと木耳も入って、お野菜もたっぷり摂れるところがまたうれしい。

安価な臓物は庶民の味方。
ここ北京にも、長い間親しまれてきた定番臓物料理がたくさんある。

臓物に目がない方、もしくはそんなに抵抗がない方は、
ぜひぜひ北京の臓物料理を試してみてほしい。


▼過去の皇城根[衣荅][衣連]火焼関連記事
【皇城根[衣荅][衣連]火焼】


■お店情報
皇城根[衣荅][衣連]火焼
北京市東城区地安門東大街甲46号
8403-5786
*寛街中医院のある交差点から西に100mくらいのところにあります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)



スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。