香港マカオ食い倒れ紀行2007(プロローグ)

香港マカオ食い倒れ紀行2007(プロローグ)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

麻豆腐を買い込んで向かった先は、香港。

P1070283.jpg


特別大好きという訳でもないのに、なぜだか結構来ている香港。
いや、なぜなのかは分かっているんだ。
それは北京留学時代からの友、yukidarumaさんがいるからなのね。

麻豆腐はつまり、yukidarumaさんからの指令を受けて、
行政特区越えの「帯走(dai4zou3)=お持ち帰り」を試みたのであった。

でも、別に麻豆腐をお届けするためだけに香港入りをしたのではない。
今回は、ある画家の個展にひっかけての香港訪問だったのである。

北京空港を共に飛び立ったのは、個展を開く画家S氏、S氏の弟氏、そして私の三人。
さらに一日早く香港入りしたアート雑誌の編集者と、
一日遅く香港入りする写真作品の画廊経営者を合わせると、
総勢5人がこの個展に合わせて香港に行くことになっていた。

ちなみに私を除けばみんな大陸中国人。
香港と大陸中国との行き来は、だいぶん便利になったものだなあと感慨を深める。
もちろん、パスポートさえあれば特に申請の必要もない私と違って、
彼らには「港澳通行証」という冊子の申請取得が必要なんだけど、
その代わり香港でもマカオでもイミグレーションでは書類記入免除だし、審査も簡単。
逆に私のほうの審査に時間がかかって彼らを待たせる始末で、
「一国両制(一国二制度)」とはいえ、やはり「一国」であることに違いはないのだ、
と改めて実感したことだった。

ところで、麻豆腐を香港行政特区へと持ち出した私も私だが、
S兄弟のほうはもっと豪勢だった。
なんと、画廊のスタッフへの手みやげに、陽澄湖産の上海蟹を持って行ったのだ。
しかもこの上海蟹、
香港行きの前日に蘇州からS氏が北京まで運んできたものだという。
上海蟹ちゃんたちは陽澄湖から蘇州へ運ばれ、
そこから空路北京へ、さらに空路香港へと、
なんとも長い空の旅をしてきたことになる。

「この蟹たち、大旅行家だね。」
「乗り換え続きで飛行機酔いしてるんじゃないの?」

なんていう軽口をよそに、香港空港で受け取った蟹ちゃんたちは、
クチュクチュと元気にうごめいていたのであった。

上環にある華美達(Ramada)に宿を取り、
まずは画廊へ挨拶に行くと上海蟹を抱えて出かけていったS氏を待ちがてら休憩。
私のほうも北京から空輸した麻豆腐をミニ冷蔵庫にしまってほっと一息ついた。

P1070362.jpg


しばらくしてS氏より電話。
「みんなで食事するから、レストランに直行して!」
向かった先は記酒家だった。

【記酒家】香港マカオ食い倒れ紀行(之一)に続きます。)


■香港マカオ食い倒れ紀行
香港マカオ食い倒れ紀行2007(プロローグ)
【記酒家】香港マカオ食い倒れ紀行2007(之一)
【紫荊海鮮酒家】香港マカオ食い倒れ紀行2007(之二)
【中国会】香港マカオ食い倒れ紀行2007(之三)
【船屋葡國餐廳A Lorcha】香港食い倒れ紀行2007(之四)
【金興飯店】香港マカオ食い倒れ紀行2007(之五)
【香港大学校友会】香港マカオ食い倒れ紀行2007(之六)


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
なんというグッドタイミング!
来年の春節に、香港・マカオを旅行する計画があるんです。導食(でしたっけ?)ayaziさんの食い倒れ紀行、楽しみにしてます!
2007/12/10(月) 14:53 | URL | jiyan #-[ 編集]
jiyanさんへ
春節に香港・マカオですか!
確かにグッドタイミングですね。
今回は自分でレストランを選んだ訳ではないので
胸を張って「導食」とは名乗れませんが、
現地の人に案内してもらった分、
「ガイドブックに載っていない」度は増したかも?
お役に立てるとよいのですが。
ちょっと旅行記的な色合いが濃くて長文ですが、
しばらくおつきあいくださいませ。
2007/12/10(月) 15:26 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。