【門釘李】門釘肉餅

【門釘李】門釘肉餅
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

牛肉入りの中華風ミニミートパイ
門釘肉餅(men2ding1rou4bing3)
P1070213.jpg

【データ】とき:11月21日/ところ:長虹橋東・門釘李/ねだん:1個2.5元

中国には「○○餅」という食品がたくさんあるが、
これは日本で言うお餅のことではない。

これまでも何度か書いてきたが、
中国語の「餅(bing3)」は、
「小麦粉をこねて薄く円盤状に伸ばし、平鍋で焼くか蒸すかした食べ物の総称」
(講談社、中日辞典より)

だからピザも「比薩餅(bi3sa4bing3)」だし、
「煎餅(jian1bing3)」はお米のおせんべいではなくて小麦粉を使った中華クレープだし、
「焼餅(shao1bing3)」も焼いたお餅ではなくて中華風の焼きパンである。

「肉餅(rou4bing3)」は、
小麦粉をこねて伸ばした生地にお肉の餡を包み込んだり挟んだりして焼いた物。
それで私は中華風ミートパイなる苦しい訳語にしている。

▼過去の肉餅関連記事
【平安肉餅店】肉餅
【鑫一福粥舗】肉餅

肉餅にもいくつかヴァージョンがあるが、この門釘肉餅もその一つ。
丸い形のやや小振りのサイズで、中味はたいてい牛肉と葱が入っている。

P1070217.jpg


「門釘」とは、古い建物の城門などに打ち込まれた円形の飾りクギのことだそうだ。

なんでこの名があるかと言うと・・・

清朝末、宮廷の料理係が西太后のために、具のたっぷり入った肉餅を作った。
たいそう気に入った西太后に「この料理の名前は?」と聞かれ、
肉餅の形からとっさに「門釘肉餅です」。
これがそのまま定着したという。
発音は同じで「門丁肉餅」とも書く。

なーんて、えらそうに蘊蓄を垂れているがこれはこの新聞記事からの引用。

▼朝日新聞の門釘肉餅紹介記事
五輪出場?北京伝統の味 門釘肉餅(メンティンロウピン)(中国)

牛肉が使われているのは、清朝ゆかりの食べ物だからだろうな。
門釘肉餅を扱っているお店は、どこも「清真(qing1zhen1)=ムスリム」だ。

朝日新聞の記事で紹介されている門釘李と、私が行った門釘李はたぶん別のお店。
紹介されているのは車公庄にあるお店のほうだろう。
私が行ったのは長虹橋の東にあるお店。

この店がまた、メニューがこれっきりしかなくて潔い。

P1070212.jpg


「これ以外にもほんとはあるんじゃ?」
って思うでしょ?
でも、ほんとにこれしかないのだ。

ここんちの肉餅は注文が入ってから包んで焼くので、ちょっと時間がかかる。
私が食べた時も、ほかにお客さんがいなかったにも関わらず
たっぷり10分以上かかった。

待っているうちに気持ちは盛り上がるが、
出来上がってテーブルに運ばれてきても焦ってかぶりついてはいけない。
肉餅に歯を当ててあぐっといった途端に、
ドピュッと肉汁が飛び出してくるのだ。

かと言って、いつまでも放っておいてもいけない。
牛肉の脂が白く固まってしまって、食欲がわかなくなってしまうからね。

これには粟のお粥を合わせよう。

小米粥(xiao3mi3zhou1):1元
P1070219.jpg


雑穀粥は素朴な味で大好きだ。
少し味気なく感じたら、「咸菜(xian2cai4)=漬け物」を頼むといい。

門釘肉餅に小米粥。
うーん、ローカル&ディープ。


■お店情報
門釘李
長虹橋から東へ向かい、団結湖マクドナルドの反対側。
道の南側にあります。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。