後海・北京小吃紀行~炸咯吱

後海・北京小吃紀行~炸咯吱
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

緑豆餅の素揚げ
炸咯吱(zha2ge1zhi)
P1030587_1.jpg

【データ】とき:4月8日/ところ:煙袋斜街・[火考]肉季快餐店/ねだん:10元代だった・・・?

(「後海・北京小吃紀行~豆汁」からの続きです。)

お碗にたっぷりの豆汁、さらには麻豆腐まで頼んだというのに、
なんと[火考]肉季快餐店ではもう一品注文していた私。

「これも行っておきますか?」
と打診する私に、酒徒さんも
「攻めますね・・・」
と賞賛なのかあきれているのか分からないコメントで答える。

「同意」と解釈して注文。

なぜってね、これ、お店のご主人の強力推薦メニューだったんだもの。

新しくお客さんが入る度に、
ご主人はレロレロ北京方言でメニューを紹介する。
「豆汁に麻豆腐、炸咯吱!本場の北京小吃だよ!!」
どこのテーブルでも、必ずだ。

実は、北京小吃の店には「お上りさん」もとても多い。
他の都市から観光でやって来て、
「いっちょ名物の北京小吃とやらを食べてみよう」
という人たちだ。

爆肚を食べた前海沿いの爆肚張でも、
まわりのテーブルに座ったのはふだん北京小吃など食べそうもない若者たちだった。

普段から食べ付けているおなじみさんという風情ではなく、
ガイドブックやネットで仕入れた情報をもとにメニューと睨めっこしている様子は、
外国人の私たちと大差はなかった。

「北京小吃」は、地元ッ子の生活の一部というより、
旅行者の旅先での一イベントとしての色合いのほうが濃くなりつつあるようだ。

だからこそ、ご主人もまるでバカ(失礼)の一つ覚えみたいに、
「豆汁に麻豆腐、炸咯吱!本場の北京小吃だよ!!」
を繰り返しているのだ。

さて、そのご主人おすすめの炸咯吱は、
緑豆(一説によるとエンドウ豆)の澱粉で作った餅状のものを油でカラリと揚げ、
ニンニクをたっぷり入れた酢醤油につけて食べる料理だ。

香ばしく揚がった外側部分と、中のとろりとやわらかい部分とで異なる食感が味わえ、
噛んだ感じが咯吱咯吱(ge1zhige1zhi=グチュグチュ、クチュクチュ)しているので
この名があるらしい。

テーブルに出された揚げたての炸咯吱。
きつね色(を通り越してやや焦げ色だが)の外側を見る限りでは
ちょっと薩摩揚げみたいでなかなか美味しそうだったのだが、
一口噛んで動きが止まってしまった。

「うーん、これは・・・」
「なんでしょうかね、これは・・・」

薩摩揚げを想像したのがいけなかったのかもしれない。
あまりにも予想を裏切る食感だったのだ。

咯吱咯吱というか、どろりん、むにゅりんとした噛みごたえ。

くず粉や上新粉をほんのちょっぴりのお湯で溶いて、
それをムリムリ団子状にして揚げたとでも説明すればいいのだろうか。
もしくはういろう?

固いんだかやわらかいんだかどっちつかずの質感が煮え切らない。
さらに、
味付けのほうも甘いんだかしょっぱいんだかどっちつかずでこれまた煮え切らない。

タレをつけると少しは食べられるかなという感じになるが、
また食べたいという料理ではないなあ。

ごめん、[火考]肉季快餐店の老板。
これはいただけなかったよ。

麻豆腐と豆汁で二勝、炸咯吱で一敗。
二勝一敗の成績で、[火考]肉季快餐店を後にした固め食い隊員ふたりなのであった。

(「後海・北京小吃紀行~冰糖葫蘆」に続きます。最終回です!)

【後海・北京小吃紀行フルラインナップ!】
後海・北京小吃紀行~炒肝
後海・北京小吃紀行~鹵煮火焼
後海・北京小吃紀行~爆肚
後海・北京小吃紀行~芥末白菜
後海・北京小吃紀行(番外)~杏仁豆腐
後海・北京小吃紀行~麻豆腐
後海・北京小吃紀行~豆汁
後海・北京小吃紀行~炸咯吱
後海・北京小吃紀行~冰糖葫蘆


■お店情報
  [火考]肉季快餐店
 西城区煙袋斜街75号


■『日経ギャラリー』1月号で、同じテーマの食べ歩き紀行文を書きました。
 「胡同の小吃食べ歩き-北京 後海」
 よろしければご一読ください! → 日経アジアのページ

日経アジア → <NIKKEI GALLERY・バックナンバー> → <vol.59(2007年1月号)>
  → <特集1「胡同の小吃食べ歩き-北京 後海」>。
*pdfファイルです。


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:アジア)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。