【四川省駐京弁餐廳】川北涼粉

【四川省駐京弁餐廳】川北涼粉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

緑豆麺の四川北部風ソース
川北涼粉(chuan1bei3liang2fen3)
P1060195.jpg

【データ】とき:9月16日/ところ:建国門内・四川省駐京弁餐廳/ねだん:8元

四川料理の定番前菜、川北涼粉。
旧ブログでもすでに「ところてんもどき」として紹介済みだ。

▼旧ブログの関連記事:
川北涼粉でポンポコリン



えーと、正確に言えばもちろんところてんではない。緑豆の粉で出来ているけど、形状や食感がところてんみたいなのね。酸辣粉よりはしっかりと固まっている。唐辛子やゴマソース、お酢の入ったタレと、くだいたピーナッツがかかっているけど、酸辣粉ほど汁っぽくない。涼粉という名前の通り、つるりとした食感が夏らしい感じなのか、主には夏によく食べられる。

道ばたの屋台やスーパー横の軽食コーナーなどで、おやつ感覚で食べられることが多い川北涼粉。レストランでは涼菜(前菜)としてメニューに載っていることが多い。夏場は食欲が落ちる。(私は落ちないが。)そんな時、前菜に爽やかな辛さで“開胃”でき、しかも涼感あふれる川北涼粉はうってつけ。

例によってただの赤い汁にしか見えないかもしれないが、やっぱり胡麻やピーナッツのうまみとさっぱりとした黒酢の酸味で、つるつるっといくらでも食べられる。皿の底からすくうようにしてかき混ぜると、下から胡瓜の千切りが出てきて、なぜだかホッとする。ありがたや。

清代から四川に伝わる名物料理。四川省の南充という県の農民謝さんが、渡し場で売り始めたのが始まり。その後、やっぱり農民の陳さんが更に改良を加えて川北(四川省北部)一帯で人気となったことから、川北涼粉の名前で呼ばれるようになったらしい。ふうん。川北涼粉は、謝さんと陳さんという、2人の農民の努力の結晶なのね。朱徳も視察の際にわざわざ川北涼粉を食べたんだそうだ。無産階級革命家としては、農民の汗の結晶を食べずして四川を後にはできなかったってことなのか。




この記事の時は渝郷人家のものだったけど、今回は川弁餐廳。
結構強烈に辛かった。
塩気も強く、これをガシガシ行くにはビールの助けが必要かも。


▼過去の「四川省駐京弁餐廳」関連記事:
【四川省駐京弁餐廳】


■お店情報
四川省駐京弁餐廳
東城区建国門内貢院頭条5号
6512-2277(内)6200


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。