【黄花城水長城】烤紅鱒魚

【黄花城水長城】烤紅鱒魚
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

焼き鱒
烤紅鱒魚(kao3hong2dun1yu2)
P1050649.jpg

【データ】とき:8月11日/ところ:懐柔区・黄花城水長城/ねだん:いくらでしたっけ?

北京の郊外にある、「水長城」に遊びに行ってきた。
ダムで出来た堰止め湖に未改修の崩れかけた長城が没しているという、
なんとも野趣あふれるスポットだ。

この日はよく晴れたまたとないハイキング日和。
断崖に張り付くように作られた歩道や吊り橋、
水辺に沿って続く気持ちのいい小径、そして尾根からのダムと長城の眺めと、
夏のハイキングコースを堪能した。

*****

堪能したのはハイキングだけではなく、田舎風料理も同様だ。
北京郊外で食べる田舎料理で忘れてはいけないのが鱒。
現地の人はお刺身でも食べるようだけど、
日本人はやっぱり塩焼き!

ということで、「焼き」バージョンで頼んでみたらば・・・
なんと、このような巨大アジの開きのようなお姿になって登場。

しかも薬味は羊肉串味、
つまり粉唐辛子とクミンがまんべんなくふりかけられていたのだった。

確かに日本の川魚より泥臭いから
このくらい強い味付けでちょうどいいのは分かるけど、
そしてそれなりにおいしかったけど、
でもやっぱり、
水から飛び跳ねたみたいに身をそらせた、
あの日本の塩焼きが食べたかったなあ。

鱒の開きの他にも、田舎料理の数々を楽しんだ。

地元産の山菜の和えもの2種
涼拌仁菜(liang2ban4ren2cai4)/涼拌水芥菜(liang2ban4shui3jie4cai4)

P1050638.jpgP1050641.jpg

仁菜はモロヘイヤみたいな感じ、
水芥菜は高菜と芹を足して2で割ったような感じで、
茎わさびのようなツーンとした辛みがほのかに感じられる。

どちらもさっぱりして美味だったのだが、
にんにくがドバッと入っていたのがちょっと気になるといえば気になった。

マイタケと夏野菜の炒めもの/小鶏[火屯]蘑(xiao3ji1dun4mo2gu1)
P1050642.jpgP1050640.jpg

マイタケと夏野菜の炒めものは、
日本のマイタケよりもかなりしっかりした食感のキノコと、
かぼちゃや人参など夏野菜を一緒に炒めてある。
かなりしょっぱめの味付けではあったが、
素材が新鮮だったからか美味しくいただいた。

小鶏[火屯]蘑は、骨付き鶏肉ときのこを煮込んだ東北料理のメニュー。
好物なんだよね、この料理。
鶏肉は身が締まって滋味豊かだった。


板栗[火悶]肉(ban3li4men4rou4)/炸河蝦(zha2he2xia1)
(栗と豚バラ肉の煮込み/川エビの唐揚げ)
P1050646.jpgP1050648.jpg

栗は甘みが足りなかった。
でも田舎っぽいしょっぱい煮物は、やっぱりあると安心する味。

川エビもお腹一杯になってから出てきたにも関わらず、
みなさんから手が伸びた。
雑魚が混ざっているところが地物っぽくていい。

貼餅子(tie1bing3zi)/玉米粥(yu4mi3zhou1)
焼きトウモロコシパン/トウモロコシ粥
P1050643.jpgP1050644.jpg

貼餅子も、北京郊外で食べる田舎料理の定番メニュー。
平たいトウモロコシのパンを鍋肌に貼りつけて焼くので、この名前がある。
ナンみたいな感じだろうか。

でもね、このお店の貼餅子、焼きたてじゃなかった。
お客が入ると思って、作り置きしたでしょ?

玉米粥(yu4mi3zhou1)
P1050645.jpg


こちらの人はいろんなお粥を食べるけど、私のお気に入りはこれ。
なんともいえない天然の甘みがあるのだ。

*****

さて、水長城がどんなところかと言うと・・・

*一部爬虫類、虫写真あり。苦手な方も・・・いるかしら?
 一応お知らせしておきます。
(でもそればっかりじゃないですよ!)


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。