【清方閣老鴨湯】老鴨湯

【清方閣老鴨湯】老鴨湯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

アヒル鍋
老鴨湯(lao3ya1tang1)
P1210390.jpg
【データ】とき:3月1日/ところ:大望路・清方閣老鴨湯/ねだん:記事参照

月曜美食会で、アヒルのお鍋を食べに行った。
アヒル鍋といっても、アヒルの肉をしゃぶしゃぶしたり
具として入れて煮込んだりするのではなくて、
アヒルを丸まる一羽煮込んでとったベースのスープで
鍋を食べるというスタイル。

老鴨湯(lao3ya1tang1):58元
アヒル鍋スープ

P1210388.jpg

これがお鍋のベースになるスープ。
ちょっと暗くて分かりづらいかもしれないが、
中にアヒルが一羽入っている。

アヒルのほかには、「酸羅卜(suan1luo2bo)=大根を漬けたもの」が入っている。

P1210390.jpg

アヒルのお鍋はこの酸羅卜と組み合わせるほかにも
キノコとか、サトイモと合わせるケースもあるらしい。
ふーん、どっちもおいしそう。

一番ポピュラーなのは酸羅卜のようだ。
以前食べたことのある別のお店の老鴨湯でも、コンビの相手は酸羅卜だった。

アヒルでとったスープは割合こっくりとした濃い目のものなので、
そこに酸羅卜の酸味が加えて
もたれず爽やかな飲み口にしているのだろう。
心憎い組み合わせだ。

まずはスープを堪能。
じっくり煮込まれたアヒルからは、濃厚な出汁がよく出ていて旨い。
あっと言う間にお鍋が水位を下げていく。

「北京ダックの時のスープとは大違いだね」
「あれは尾脂のせいで臭いしね」

北京ダックが大好きでも
ダックの最後に出てくる鴨湯は苦手という人が多いほど、
あまり評判のよろしくない鴨湯。
あちらは皮と肉をそぎ落とした残りの骨でとるスープ、
こちらは丸ごと一羽をじっくり煮込んだスープで、
比べるのは不公平かもしれないけど、これが正直な感想だ。

箸休めの涼菜をつまみつつ、具が揃うのを待つ。

爽拌笋絲(shuang3ban4 sun3si1):10元
千切りセルタスのさっぱり和え

P1210391.jpg

小辣椒豆腐絲(xiao3la4jiao1 dou4fusi1):10元
細切り押し豆腐のトウガラシ風味和え

P1210393.jpg

頼んだ具材は、この通り。

時蔬拼盤(shi2shu1 pin1pan2)=野菜の盛り合わせ:18元
凍豆腐(dong4dou4fu)=凍り豆腐:8元

P1210394.jpg P1210395.jpg

山薬片(shan1yao4pian4)=ヤマイモ:12元
金針(jin1zhen1gu1)=エノキ:12元
腐竹(fu3zhu2)=中国湯葉:12元

P1210396.jpg

右上にある物体については、後ほど詳述。

香牛肉丸(xiang1gu1 niu2rou4wan2)=シイタケ入り牛肉団子:18元
寛粉(kuan1fen3)=幅広春雨:8元

P1210397.jpg P1210399.jpg

大白菜(da4bai2cai4)=白菜:8元
黒木耳(hei1mu4er3)=黒キクラゲ:12元

P1210400.jpg

一気に寄せ鍋状態へ。

P1210401.jpg

タレは「麻醤(ma2jiang4)=ゴマダレ」(4元)を一応取ってみたが、
アヒルのスープ自体が濃厚なので何もつけなくても十分おいしい。

あっという間にたべ切り、具を追加。

藕片(ou3pian4)=レンコンスライス:10元
笋尖(sun3jian1)=タケノコの先の部分:12元

P1210404.jpg P1210406.jpg

手打鮮蝦滑(shou3da3 xian1 xia1hua2):32元
手作り海老ペースト

P1210405.jpg

これはスプーンかナイフでお鍋にポトリポトリと落としてお団子にする。
32元はちょっと贅沢だったかな。

そして〆は、北京だと乾麺か焼餅のところを雑炊にする。
さっきヤマイモと一緒に写っていた卵は、
まさに雑炊のために注文したものだったのだ。

「これをやるとお店の人に不思議がられるんですけどね」
「最後にご飯粒が残っててお店の人はびっくりするかもね」
「でもやっぱりお鍋の〆は雑炊だよねーっ」

こちらでお鍋を食べる時は、
いつもは「郷に入れば郷に従え」で雑炊をすることはないのだが、
この日は日本式を通してみた。

雑炊のためにスープも足してもらい、
(加原湯(jia1yuan2tang1):20元。1リットルで)
卵とご飯をもらって準備万端。

ちなみに、鶏蛋(ji1dan4)=卵:2元
米飯(mi3fan4)=ご飯:2元。

ご飯を入れて、
ちょっとクツクツ煮たらとき卵を入れて、
最後にお葱をパラリ。

P1210407.jpg

くーっ!
たまりませんなあ。
これぞニッポンのお鍋の締めくくり!

あ、中国のお鍋だった。
失礼いたしました。


■お店情報■
清方閣老鴨湯(万達広場店)
P1210385.jpg
朝陽区建国路93号万達広場15-1-37号
010-5820-6909
*地下鉄1号線「大望路」下車。
 建外大街沿いではない北側の万達広場にあります。
 セブンイレブンの並び。

■ayaziの本■

「食」の中国語
shokunochugokugo.jpg
出版社:東洋書店
価格:1800円(+税)

「食」にまつわる中国語に絞った料理限定の語学書。
レストランでの「食べる」シーン、「作る」ためのお買い物シーン別の会話集です。
代表的な料理の「レシピ」も付いてます。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
pekindemanpuku.jpg
出版社:東洋書店
価格:1100円(+税)

私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。
超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリスト付。
詳細はこちらで。

▼お求めはお近くの書店かネット書店でどうぞ!
アマゾン
楽天ブックス
東洋書店


■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。