【お魚処 うおとも】房総万歳!山盛りふっくらイワシフライ

【お魚処 うおとも】房総万歳!山盛りふっくらイワシフライ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1210260.jpg
【データ】とき:2月22日/ところ:千葉県山武市・お魚処 うおとも/ねだん:750円

夕方の便で北京に戻るという日。
ウチの実家は成田に激近なので、午前中は余裕でお買い物。
昼は地元グルメ第三弾で、松尾の「お魚処 うおとも」へ。

P1210264.jpg

お魚屋さんがやっているお食事処で、
新鮮な魚料理とボリュームたっぷりの定食で地元ではちょっとした人気のお店だ。

ここに来るといつも何を頼むかで本当に悩むのだが、
この日は日替わりランチがイワシのフライだったので迷わずそれを注文。
青背の魚は大好物だし、それになんてったってここは房総。
アジだのイワシだのがおいしいのだ。

P1210261.jpg

こんなに大盛りで750円は山武ならでは!
イワシって言っても立派な大きさで、身もこんなに厚い。

P1210263.jpg

衣サクサク、イワシふんわり。

せっかくだからと、かつおも単品で取った。

P1210258.jpg

こうやって「せっかくだから」と欲張って頼むから、
最後には無理しておなかに詰め込むことになってしまって後で軽く後悔。
でもこの機会を逃したら少なくとも半年はありつくことができないかと思うと、
ついつい、ね。

かつお刺も旨し。

P1210259.jpg

嗚呼、房総万歳。


■お店情報■
お魚処 うおとも
P1210264.jpg
千葉県山武市松尾町大堤138-1
0479-86-2661
*JR総武本線「成東」駅、「松尾」駅からが近いです。
 成東方面からは、国道126号線で
 大堤交差点先にあるカーコンビニクラブ先のY字路を右に入り、直進500mくらい。
 松尾方面からは、同じく国道126号線を松尾駅入り口の交差点で左折、
 最初の細い路地を入っていくと左手にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんにちわ、ayaziさん!
成田を利用する時は、必ず近くのお寿司やさんに行ってしまいます。
だって、こんなに新鮮でおいしいアジやいわしやサンマは関西では食べれませんから。
ここにも行ってみたいな。
また、成田激近ネタ、お願いします。
2010/04/02(金) 11:58 | URL | みれん #-[ 編集]
>みれんさんへ
ものすごく遅い返信になってしまいました。
本当にごめんなさい。

成田激近とは言っても、車で30~40分くらいはかかるので空港利用のときにはちょっと厳しいかもしれません。
成田市内はあまり詳しくはないのですが、青背のものは確かに豊富かもしれませんね。
また一時帰国の折りにどこかに行ったらアップしまーす。
2010/05/16(日) 01:43 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。