【アントニオ猪木酒場】ちょっと猪木が好きになる

【アントニオ猪木酒場】ちょっと猪木が好きになる
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1210244.jpg
【データ】とき:2月20日/ところ:池袋・アントニオ猪木酒場/ねだん:記事参照

上京。
中戯留学組でアントニオ猪木酒場へ。

P1210247.jpg

店内に通される時には
「予約のお客様、入場です!」の声とともにゴングがカーン!
フロアにはロープつきのリング(カウンター席)。

P1210246.jpg

BGMは猪木のテーマ、BGVは猪木の試合ビデオ、
猪木グッズもいっぱい。

メニューも猪木色いっぱいでハイテンションを誘う。
たとえば、「前座試合」と題された前菜からはこんなの。

怒りのナックル豆腐:380円
P1210234.jpg

納豆をのっけた冷奴。

旬闘!!サラダを二品。

シャカシャカ1・2・3サラダーッ!!:780円
P1210233.jpg

これ、このお店の人気NO.1メニュー。
テーブル横で、店員さんが容器に入れたサラダを
ドレッシングと一緒にシャカシャカ混ぜてくれるだけなんだけど、
食べる前に「儀式」が必要。
店員さんと一緒に「オーッ!」とか、
「1・2・3サラダーッ!!」とか言わないといけない。
入店してすぐにこのメニューが来るとこっぱずかしくて「ご唱和」できないが、
そのうちこのお店のテンションに染まってきて、
おしまいにはまわりのテーブルがこのサラダを頼むたびに
一緒になって「サラダーッ!!」。

四角リングのバトルロワイヤル:780円
P1210237.jpg

アボカドやゆで卵たっぷりのボリューミーなサラダ。

そしてこれが人気No.2の料理。

コブラツイスト(ウインナーソーセージ):480円
P1210235.jpg

見たまんま。
ちなみにNo.3はドクター・ストップ・ポテト。
一人では食べきれない大量のポテトフライだそうな。

アキレス腱固め:580円
P1210238.jpg

スジの煮込み。
が、これは実はオーダー違い。

ほんとはこっち。

灼熱の溶岩豆腐:750円
P1210241.jpg

いわゆる一つの、麻婆豆腐。

チキンの「なんだ!コノヤロー」焼き:680円
P1210242.jpg

ガーリックライス:480円
P1210245.jpg

ビッグサイズだと、「スーパーヘビー級」になる。
これは普通サイズ。

アントニオ猪木のお店ってことで、
フェイジョアーダやリングイッサなどのブラジル料理もあるあたりが面白い。

それと笑えたのが、カップル比率の異常な少なさ。
女だけ、男だけのグループがほとんど。
女だけグループは、私らみたいに冷やかし半分、ネタ半分の興味本位。
男だけグループは、かなりコアな猪木ファン。
一番コアな人はリング席に座ってましたが。

お味はすごくおいしいというわけではないけど、
テーマ・レストランとしてはエンタメ度高し。
昭和レトロな雰囲気漂う(ただしワールドプロレスリング仕様だけど)店内で、
猪木!猪木!!猪木!!!の洪水に囲まれていると、
いつの間にかテンションが上がってちょっぴり元気になっている。
そんな魅力があるのは否めない。

そして店を出る頃には、
ちょっぴり猪木が好きになっている自分を発見する。


■お店情報■
アントニオ猪木酒場(東京豊島池袋店)
東京都豊島区東池袋1-41-4 池袋東急ビル4F
03-3590-4027
*お店のホームページはこちら

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
猪木、ボンバイエ!
ayaziさま
実は高校生時代、毎週欠かさず新日本プロレスを見ており、結構なファンでした。
大学受験で新幹線に乗った時、グリーン車を通り掛かったトコロ、猪木と古館一郎、山本小鉄を発見し、猪木さんにサインを貰いました(何故か、その大学には落ちてしまいましたが・・・)。
と言うことで、猪木ネタ、早速食い付かせて戴きました。
2010/03/31(水) 10:40 | URL | おおたま #-[ 編集]
こんにちは☆
このごろ東京近辺のお店は、女だけ、男だけのグループが目立ちますよ。メスは雌の、オスは雄の機能を果たさない人々が激増しているみたいです。大学で教えていても、男女間にはなんとなく「?...」みたいな雰囲気が漂い、こいつらちゃんとヤッてんのかと心配になるのです。若者の間で無意識的に「近代主義への問い返し」行動が起こってきて、ああ、まともなのだ、と感じる反面、男女間の正常な距離はじわじわと開いていく傾向にあり、おかしな時代になったものだと悩んでしまいます。いつもディープなお皿が紹介されますが、どうぞ健康に留意してくださいませ。
2010/03/31(水) 11:05 | URL | 一葉 #-[ 編集]
おおたまさんへ
男子はみんな好きでしたよね。
みんな見てたよなあ。
各家庭に「ワールドプロレスリングのある風景」があって、それが昭和への憧憬につながっていく。
だからこそ、こういうお店が成り立つんですよね。
2010/04/01(木) 00:05 | URL | ayazi #-[ 編集]
一葉さんへ
思いがけず、男女間の正常な距離にまで話が及んでしまいましたね。
男女ともに植物的になっているのでしょうか。
たまには猪木酒場に来て、肉気を補充したほうがいいかもしれませんね。

お気遣いいただき、ありがとうございます。
おっしゃる通り食べすぎ飲みすぎで胃腸も肝臓もお疲れ気味なので、最近はなるべくおウチで粗食をするようにしております。
とはいえ、お誘いがあれば喜んで出かけてしまう意志の弱い私です。
2010/04/01(木) 00:10 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。