【橋本食堂】食べても食べても鰻!な特上うな重

【橋本食堂】食べても食べても鰻!な特上うな重
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1210210.jpg
【データ】とき:2月18日/ところ:山武市・橋本食堂/ねだん:1650円

東金在住の友人に教えてもらった鰻のお店、橋本食堂。

P1210217.jpg

九十九里の蓮沼海岸そばにある。
実家からは車で40分ほどという近場。
義妹に車を出してもらって二人で出かけてみた。

ご飯時は大変な混雑という話を聞いていたので早めに家を出たら、
11時頃には早々と到着。
店内に他のお客さんの姿はなく、
店員さんがテーブル席でお茶を飲みながら一息ついているところだった。

自宅を改装したような実に庶民的な作りの店内。
私たちは畳敷きの部屋のこたつ席に通された。
それでなおさら、誰かの家におじゃましたかのようなくつろぎ感。

ここの鰻、その安さとボリュームで評判。
なんと、特上うな重(二段)が1650円!!
肝すいと冷奴、お新香つき。

P1210209.jpg

これは激安!
(ちなみに、上が1250円、並が950円)

お重のご飯が見えないくらいのでっかい鰻がどかん。

P1210211.jpg

そしてご飯の中にも、もう一段鰻が入っている。

P1210213.jpg

うはー。

掘っても掘っても、鰻。
食べても食べても、鰻。

鰻はとてもふっくら焼きあがっている。
人によっては若干泥臭いと思うかもしれないけど、私は十分許容範囲だ。
タレはちょっと甘めの田舎風。
洗練されてはいないけど、親しみやすくて懐かしい味だった。
満足。

メニューに鯉こくを発見して、懐かしくなって注文。
そしたらこんなにでっかいお碗にでっかい鯉の切り身が入ったのが出てきた。

P1210216.jpg

これで550円。
中国で鯉を食べると泥臭くて食べられないけど、これは全然臭みなし。
なんだろう。
やっぱり水の違いだろうか。
それとも処理の仕方が違うのかな。

焼いた鰻のお持ち帰りもできる。
温め方やタレの入れ方などの説明もついていて、とても親切。
弟用に別途お持ち帰りしたどぜう唐揚げ(550円)もおいしかった。

次の一時帰国の時にもまた行こう。


■お店情報■
橋本食堂
P1210217.jpg
千葉県山武市木戸2845-1
0475-84-0051
営業時間は10:00~20:00
*国道296号線から58号線を九十九里方面へ。
 30号線にぶつかったら右折して、木戸川越えてすぐ。
 橋のたもとにあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。