【畑の中のスリランカカレー屋さん】スリランカカレー

【畑の中のスリランカカレー屋さん】スリランカカレー
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1210207.jpg
【データ】とき:2月17日/ところ:千葉県山武市・畑の中のスリランカカレー屋さん/ねだん:500円

本日よりしばらく北京の食い倒れ日記はお休みして、日本一時帰国編。
「日本。おいしい生活。」です。

まずは、ウチの実家近くの超ローカルなお店から。
ほとんど仲間内だけで営業しているようなお店なので詳しい情報は載せませんが、
田舎町の畑の中にもこんなお店があるのがとても面白かったので記事にしてみました。

***

2年前、
「近所にスリランカカレー屋さんがあるんですよ!」
と義妹に教えられて、
畑の中のスリランカカレー屋さんに行った。

お店は義妹が時々お手伝いに行っている畑作農家Uさんの作業場脇にある。
スリランカ出身のラリさんという女性が切り盛りしていて、
プレハブの建物を改造した簡素な造りながらも
テーブルには造花が飾られたりしていて、
ラリさんの心配りが感じられる。

カレーの種類は日替わりで、
2年前に食べた時はお豆、野菜(キャベツや人参)、マトンのカレーの盛り合わせだった。

20100328_2.jpg

サラダとジュースがついて、700円。
これはサービス価格。
でもスリランカ人は同胞価格でもっと安かったみたい。

タイ米がてんこ盛りになってきてギョッとしたが、
うるち米ほどもっちりしていないので意外にスルッとお腹に入ってしまった。

香辛料がよく利いていて、
雪模様の底冷えの中でも全身がぽっぽっと温かくなるHOTなカレー。
でも、なんだかとても懐かしい味がした。
そう思っていたら、
スプーンの先に何やら茶色い肉の塊らしきものが当たった。
アンチョビ?
でも結構硬いし、アンチョビほど塩気が強くない・・・

そうそう、これ、スリランカ版の鰹節だ。
スリランカにも鰹節があるというのは聞いていたけれど、
口にしたのは初めて。
懐かしさの元は、スリランカ版の鰹節だったのだ。
鰹節は、細かく刻んで野菜サラダにも混ぜ込まれていた。

それにしても、
こんな田舎のスリランカカレー屋さんにお客さんが来るの?
そう思っていたら、
二人の男性がやって来てラリさんに軽く手を挙げて挨拶した。
スリランカ人だ。

男性二人は手を使って器用にカレーを食べ、
お皿を自分で片付けがてらラリさんに挨拶して帰って行った。

「毎日誰かしら来るんですよ。」
「この辺りは、スリランカの人が多いんですか?」
「ええ、結構いるみたい・・・」

スリランカカレーランチに同席してくださったUさんの奥さんが頷いた。
こんな田舎の町にも、
農家や工場の労働者としてかなりの外国人が来ているのだそうだ。
中国人もいたそうだけど、
少しでも実入りのいい仕事が見つかるととっとと職替えしてしまうので
あまり定着しない様子。

ラリさんがカレー屋さんを開くということは、
スリランカ人は結構定着しているのだろうな。
中国人よりもスリランカ人のほうが日本人と上手くいきやすいのだろうか。
ラリさんもUさん一家と家族ぐるみの付き合いを続けているそうだ。

そういえば、姪が小さい時にも近所にスリランカ人一家が住んでいて、
そこのお嬢さんと姪は結構仲良しだったという。
日本びいきの一家で、
お嬢さんにもAYUMIちゃんという日本風の名前をつけていたのだとか。
ずっと日本に住んでいれば今でもお友だちだったかもしれないけど、
残念ながら帰国してしまった。

国際化とか、国際交流とか言うと、
外国語を勉強して海外に出て行って・・・
という方向を考えがちだけど、
実は日本の田舎のあちこちで
こんな風にじわじわと国籍や人種をまたいだおつきあいが
広がりつつあるのかもしれない。

***

と、こんな感慨にふけったのが2年前。
それから一時帰国するたびにずーっとここのカレーが食べたいと思っていたのだが、
お昼は営業しなくなってしまったとのことで機会がなかった。

それが姪っこのバレーボールクラブの練習を見に行った時にUさんと再会。
義妹が交渉してくれて、翌日お昼にテークアウトできることになった。

今回は、マトンカレーのみ。

P1210205.jpg

青菜とサラダが付け合せ程度について、500円。
これも特別価格。

ヒーヒー言うほど辛くはないけど、
香辛料の刺激が強烈で知らぬうちにじっとりと汗をかく。
うーん、この刺激がたまらない。

畑に囲まれた田舎町で、実家のこたつに入りながらのスリランカカレー。
実に、乙ではないか。


■お店情報■
ラリさんのスリランカカレー屋さん
八街駅から車で15分くらい。
大西整骨院そば。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
関東には、他にパキスタンやバングラデシュ人のコミニュニティも多いそうですよ。
日本の空家を利用したモスクもちょこちょこあるそうです。機会があれば見てまわりたいですね。
2010/03/29(月) 23:45 | URL | 花猫 #PgtEBqSc[ 編集]
はじめまして!北京滞在歴2年のsannbaです。
いつも”次はどこ行こうかな♪と楽しく見ています。
ayaziさん。八街ご出身なのでしょうか。うちの旦那さまも八街です。
思わずコメさせて頂きました。
次回帰国時にこちらのスリランカカレー屋さん、探してみたいと思います。

2010/03/30(火) 00:11 | URL | sannba #-[ 編集]
花猫さんへ
日本にいるときに、テレビで雑居ビルの一室を使ったモスクを見ました。
ウチの近所のこのカレー屋さんみたいに、表には出ないけどその国のコミュニティには知られているというお店、意外と多いのかもしれませんね。
2010/03/30(火) 07:33 | URL | ayazi #-[ 編集]
sannbaさんへ
こんにちは!
コメントをありがとうございます。
レストラン探しの参考にしていただけるようで、とてもうれしいです。
私は八街ではないのですが千葉の出身です。
今は実家が八街の近くにあるので、一時帰国すると八街一帯の地元グルメを楽しんでます。
このスリランカカレー屋さんは農作業をする建物の隣にある簡素な建物を使っていて、看板もないので探すのは大変かも・・・
もしいらっしゃるようでしたら、鍵コメをいただければ詳しい場所をお知らせします。
2010/03/30(火) 07:37 | URL | ayazi #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/02(金) 21:07 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。