【清香閣大連海鮮】年底聚餐

【清香閣大連海鮮】年底聚餐
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

忘年会
年底聚餐(nian2di3 ju4can1)
P1210131.jpg P1210132.jpg
P1210124.jpg P1210118.jpg
【データ】とき:2月8日/ところ:阜成門・清香閣大連海鮮/ねだん:?

会社の忘年食事会で、阜成門外にある清香閣大連海鮮へ。
東大橋店に続いて二度目の訪問だ。

前回はバスガイドのようなお姉さんに導かれてなんとか自分たちでオーダーしたが、
今回は幹事さんにすっかりお任せ。

確か計四卓で、一卓には10人ずつ。

P1210137.jpg

幹事さんはもちろん中国人なので、
中国の人が宴会で海鮮をオーダーするとどうなるか、
という視点で10人分をオーダーする時の参考ケースにしてみたいと思う。

まずは前菜が3品。

ナツメの甘煮
P1210110.jpg

フェイクの葉っぱに包まれているのは、お餅。

野菜サラダ
P1210111.jpg

サウザンアイランド・ドレッシングで野菜が見えない!
これはいくらなんでもかけすぎね。

海草の和え物
P1210112.jpg

何かは不明。
もしょもしょした食感の海草をニンニクをきかせて和えたもの。

前菜はこの3品。
10人にしては意外と少なめ?
私がオーダーするとしたらもう2皿くらい頼みそう。
日本人はちょこちょこつまむのが好きだからなあ。

ここからは熱菜(re4cai4)=あたたかい料理。
全部で12品だったが、そのうち6品が海鮮もの。

白身魚のフライ
P1210116.jpg

これ、何の魚だろう?
多宝魚(duo1bao3yu2)と言っていたような気もする。
もしそうなら、小ぶりの笹ガレイだろうか。
さっくりと揚がっててなかなか美味だった。

トコブシの旨煮
P1210118.jpg

みんな大好き鮑魚(bao4yu2)。
でもアワビというよりは、トコブシと呼びたいサイズ。

マテ貝の炒めもの
P1210121.jpg

ちょっと辛味をきかせた炒めもの。
貝殻から身が落ちてしまっているのは、鮮度の問題だろうか。
こういうのは、内陸都市の北京ではなかなか納得のいくものには出会えない。

ホタテと春雨のニンニク風味蒸し
P1210124.jpg

こちらでホタテ料理といえばこれが大定番。
食材を見ながら注文していても、まず間違いなくこの料理を勧められる。

桂魚(たぶん)のあんかけ
P1210131.jpg

やっぱりちょっと・・・臭みが残っているかなあ。
ドイツ人の専門家氏は気に入ったらしくたくさん食べていたけど、
ドイツの人は泥臭い魚が平気なんだろうか。

海老のニンニク風味蒸し
P1210132.jpg

すごい開き方。
これは日本料理の発想にはない大胆な包丁の入れ方だ。
しかも半端じゃないニンニクの量だ。
海老自体はまあまあのおいしさなのだけれど、
これはさすがに多すぎだろう。

そしてお肉ものが3品。

牛タンの黒胡椒風味
P1210113.jpg

以前このお店に来たことのあるスタッフから強力推薦されたというこのメニュー。
男性が好きそうなボリュームある一品だ。

羊肉の香味ダレがけ
P1210123.jpg

ハトのロースト
P1210126.jpg

野菜ものはこの3品。

つまみ菜の炒めもの
P1210119.jpg

つまみ菜は鶏毛菜(ji1mao2cai4)。
私は清炒とか上湯で頼むことが多いけど、
これは下にアワビソースみたいなしっかりめのタレがあわせてあった。
私的には不要。

スナップエンドウ・キクラゲ・海老の炒めもの
P1210115.jpg

スナップエンドウが甘くて美味。
スーパーでは「甜豆(tian2dou4)」という名前で売られているのを見たことがある。

蒸し野菜(根菜中心)
P1210128.jpg

中国の人と食事をすると、結構な確率で食卓にのぼる蒸し野菜。
根菜中心で、おかずというより主食がわり。
野菜の自然な甘みが素朴な感じでおいしい。
ただし、紫芋がめずらしいので興味津々で食べたら、
これはいまひとつだった。

スープも魚もの。

ga3魚という小型のナマズのような魚と豆腐のスープ
P1210135.jpg

以前、馬連道にある福建料理レストランでも飲んだことがある。
(あの絶品レストラン、ビルの改装で閉店してしまった。
 どこか別のところに移転しているんだろうか。
 詳しい情報分かり次第、フォローします)
その時は自然な出汁で上品な味に仕上げてあったが、
これはどうやらエバミルクを入れているらしく、作り物っぽい味がした。
全部飲めず。

シメの主食は水餃子。

鲅魚餡水餃(ba2yu2 xian4 shui3jiao3)
サワラの餃子

P1210136.jpg

このお店の名物らしきサワラを使った餃子。
さっぱりしていてあまりおなかの負担にならない。
最後のシメとしてオススメ。

最後の最後にフルーツ盛り合わせが出て、終了。

P1210138.jpg

ちなみに飲み物は豆乳。

以上がこの日の全メニュー。
・前菜:3品
・熱菜:12品(うち海鮮ものが6品、お肉系が3品、野菜ものが3品)
・スープ:1品
・主食:1品

やっぱり前菜に比べて熱菜が多い。
海鮮ものは6品と多かったけれど、
炒めもの、煮物、蒸しもの、揚げものと調理法にもバラエティがあって飽きなかった。
さすが。

さて、日本人のオーダーはどんな感じ?
よろしければ、覗いて比べてみてください。

▼日本人がオーダーするとこうなります・・・これまでの「清香閣大連海鮮」関連記事
【清香閣大連海鮮】大連海鮮~点菜篇
【清香閣大連海鮮】大連海鮮~菜肴篇

■お店情報■
清香閣大連海鮮(阜成門店)
阜成門外大街甲28号
010-6809-2007
*地下鉄2号線「阜成門」から西方向へ。
 天意小商品卸売市場の向かいにあります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。