【南湖総合市場】烤羊肉串

【南湖総合市場】烤羊肉串
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

シシカバブ
烤羊肉串(kao3 yang2rou4chuan4)
P1210016.jpg
【データ】とき:2月7日/ところ:望京・南湖総合市場/ねだん:2.5

おおたまさんのブログ「おおたまの『内モンゴル、時々北京的生活雑記』」
毛蟹やタラバ蟹やズワイ蟹が格安で手に入るという情報を目にして以来、
ずっとずっと気になっていた南湖総合市場。

この度(と言っても2月初旬のことだけど)南湖総合市場行きを決行。
目指すは毛蟹だ!
そしてなんと、
わがままを言っておおたまさんご本人に市場を案内していただいた。

待ち合わせは南湖総合市場の入り口。

P1210014.jpg

プチオフ会以来の再会を喜んでいると、
(と言ってもお会いするのはこれが2度目だけど)
「そこの羊肉串が結構いけるんですよ。」
とおっしゃる。

そう聞いてしまったら、食べたくなるのが人情。
おりしも3時のおやつの時間。
羊肉串で軽く腹ごしらえも悪くない。

市場の入り口を背にして立つと、向かい側にいくつか小さな店が並んでいる。
麻辣湯や焼きイカの店などと一緒に、羊肉串の店が二軒。

P1210017.jpg

どっちで買うか迷ったが、「なんとなく」向かって店のお店のものを購入。

P1210019.jpg

1本2.5元。
(4元ではなく、2.5元でした。お詫びして訂正いたします。
 おおたまさんからご指摘いただきました。
 ありがとうございました。
 どこで記憶がすりかわったのやら・・・??)


羊肉串としてはかなり高めの値段だが、
これだけ大き目の肉が、しかも長い串にたくさん刺さっているので、
そう目をむくほどの高さではない。

余談だが、後でプリックさんに
「南湖総合市場の羊肉串がおいしかった。4元だった。」
(確かこの時点ですでに4元と言ったような記憶が・・・なのでここはこのままで)
と言ったら、
「それは肉がでかくて串が長いね?」
と看破された。
さすが!

P1210020.jpg

おおたまさんのおっしゃる通り、味もなかなか。
もちろん新疆ウィグル自治区レストラン
ウルムチ市レストランのものにはかなわないが、
これだけおいしければ、4元払っても惜しくない。
(というか、おごっていただいたんですが・・・笑)

おおたまさんと二人で羊肉串にかぶりつきながら、
この日の南湖総合市場ツアーのもう一人の参加者、
Iさんを待つ。

市場に入る前からいきなりの寄り道。
「毛蟹求めて南湖総合市場」ツアーは、
のっけから横道にそれてのスタートとあいなった。

(次回はいよいよ市場内へ!)

■お店情報■
南湖総合市場
P1210014.jpg

*私は地下鉄13号線「望京西」駅から行きましたが、
 それだとちょっと距離がありました。
 「週刊中国的生活」のともこさんによると、
 「バスの場合、最寄は「花家里西里」
 バス停から西北方向に招商銀行がある三叉路まで進み、
 三叉路を右手(北)に400メートルほど進むと左手にある。
 市場の外観は道沿いからは見えにくいので、注意。」
 とのこと。

地図はこちらをご参照ください。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんばんわ☆
美味しそうですね、烤羊肉串!
私は30数年前、これを天池の湖畔で食したときにはとても感動しました。樹の枝にぶら下げた羊肉の塊から切り出したものを粗末な廬で焙ったものです。
最近ではウルムチの五・一星光夜市でお腹いっぱい食べました。大きさは天池のときの10倍くらいになっており、値段は2元くらいだったと思います。
嫌な想い出もあります。前世紀末、北京の北三環東路にある崑崙飯店の対面にはウイグル族の屋台が並び、香ばしい煙に誘われてよく通いました。ある夕方、△安の車が3台乗り付け、10人ほどが束になってウイグル族に殴る、蹴る、屋台を壊すの狼藉を働き、数分以内にすべてを破壊して去って行きました。独×◇家のもっとも汚い部分を見た思いでした。そのとき私は、この国の▽権は国民によってかならず駆逐されるだろうと確信したのです。
2010/03/22(月) 18:16 | URL | 一葉 #-[ 編集]
一葉さんへ
天池の湖畔で羊肉串とは、また雰囲気満点ですね!
きっと羊肉も新鮮でおいしかったことでしょう。
私は残念ながら新疆に行ったことがないので、本場のものはいまだに食べたことがありません。
崑崙飯店の対面にはウィグル族の屋台・・・ありましたっけ?
あのあたりに小さな路面店と東北料理があったのは覚えているのですが、屋台が出ていたのは記憶にありません。
屋台ではありませんが、甘家口や魏公村などウィグル系のお店の集まるところは軒並み再開発でなくなってしまいました。
いろいろと事情はあるのでしょうが、食いしん坊的にはグルメスポットがなくなってただただ残念です。
2010/03/23(火) 23:26 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。