【新沸騰魚郷】福寿螺

【新沸騰魚郷】福寿螺
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

田螺の四川風スパイシー煮込み
福寿螺(fu2shou4luo2)
P1200914.jpg
【データ】とき:2月5日/ところ:SOLANA・新沸騰魚郷/ねだん:40元くらい?

沸騰魚郷の看板料理は、言わずと知れた水煮魚。
しかし、この店には以前もう一つ名物料理があった。

それが、福寿螺(fu2shou4luo2)。
どでかい田螺を麻辣味で煮込んだ料理だ。

私はこの料理が大好き。
旧ブログのエントリーをご覧いただけば、その熱愛ぶりが分かってもらえるだろう。



水煮魚の有名店、沸騰魚郷にて。
唐辛子の辛みと山椒のピリリとした刺激がくせになる。
田螺・・・食べたこと、ないですね?
そこのお方?
日本の田螺も捨てたもんじゃありませんが、こっちのは大粒です。

p1000432.jpg

ほとんどツブ貝並(←ちと大げさ)。
そこまでいかないまでも、
つまようじで中身の肉を貝殻に沿ってこう、
グリッと、グリッと引っ張り出すとこれがかなりのボリューム感。

日式レストランでツブ貝の炉端焼きなんて頼んだ日には、
こんな高くて1個きりかい!というカナシイ思いをするけれど、
ここではこんなにドーンと出てくるわけですな。
(タニシだけど)

この料理を頼むと、
お店の店員さんが黙ってあるセットを出してくれる。
使い捨ての薄手のビニール手袋と、長いつまようじ。
トイレ掃除するんじゃありませんよ。
カビキラーでもありませんよ。
福寿螺を頼んだら、
片手にビニール手袋をはめ、片手につまようじを持って待ちましょう。

p1000436_2.jpg

福寿螺がテーブルに届いたら、
こうして手袋をしたほうの手で田螺を持ち、
つまようじで貝殻に沿って中身をグリッと行くわけですね。

水煮魚の影に隠れて、日本人にはあまり人気がないようだけど、
実は酒のつまみとしてもポイント高し。
なんつったって、田螺ですよ、田螺。
田んぼで見たことないでしょ?
(私は田舎育ちなのであるけどさ)北京で見(食べ)られます。




これが2006年3月27日のこと。
勢い余ってなんだか変な調子になっているのはご勘弁を。
要はそれだけ好きだったってことなのだが、
こんなに熱愛していた料理がある日を境にメニューから姿を消してしまった。

そのことを書いた旧ブログの記事を再掲すると・・・



ところで、この店には水煮魚の他にもう一つ名物料理があったのだが、
今回は全くその姿を見かけなかった。
そう、福寿螺。
どでかい田螺を麻辣味で煮込んだ豪快な一品。

それが、蜀国演義というレストランの涼拌螺肉という料理が原因で、
広州管円線虫による脳膜炎にかかる患者が続出し、
最近になって北京では田螺を使った料理が出せなくなってしまったのだ。
ここ沸騰魚郷では、メニューから跡形もなくすっかり消え失せていて、
まるで端からそんな料理などなかったかのよう。

ところが、「食べられない」って聞くと、
かえってものすごく食べたくなってしまうのが人情というもの。
私も含めて、北京のひとは福寿螺が大好き。
同僚Yさんも、
「手袋はめて、長い楊枝でグリッといくあの感じ、たまらなかったのにね~。」
と嘆くことしきり。
福寿螺をグリッとやる人々の姿が北京の巷に戻るのを、心待ちにしている。




これが2006年8月26日のことだ。

それ以来、福寿螺が沸騰魚郷のメニューに出現することはなかった。
のだが!

ある日沸騰魚郷へ行っておもむろにメニューを開いてみたならば、
なんと、そこにはあの懐かしい福寿螺が!

嬉々として注文。
胸を高鳴らせながら待っていると、きっ、来た・・・っ!
懐かしの福・寿・螺ーーーーッ!!

「写真撮影はご遠慮ください」
と制する店員さんにもめげず、
「だって、私はこの料理が復活するのをもう何年も待ってたんですよ!
 記念にどうしても写真が撮りたいんですッ!」
と目力こめて訴えてパチリ。

さっそく長楊枝で、念願のグリッ!
パクッ!
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
あ、あれ?

前のほうが美味しかったような気が。
ちょっとだけ、するような。

どうやら、記憶による美化作用が働いた模様。
あまりに思いが募ると、
記憶の中で必要以上に対象を美しく描いてしまうものなのだなあ。
実感。

まあ、その美化作用の分を差し引けば、
リピートする価値のあるおいしさ。
これからは大はしゃぎすることなく、平常心で頼むことができそうだ。


▼過去の「新沸騰魚郷」関連記事:
【新沸騰魚郷】濃湯豆腐
【新沸騰魚郷】鶏汁浸羅卜
【新沸騰魚郷】重慶口水鶏
【新沸騰魚郷】毛血旺
【新沸騰魚郷】黄瓜拌猪蹄凍
【新沸騰魚郷】魚香山薬
【新沸騰魚郷】香椿黒豆皮
【新沸騰魚郷】香椿黒豆皮
【新沸騰魚郷】爽口西芹
【新沸騰魚郷】香芋巻
【沸騰魚郷】白菜木耳鶏蛋
【沸騰魚郷】手撕烤鴿子

▼過去の「沸騰魚郷」関連記事:
【沸騰魚郷】五谷豊登
【沸騰魚郷】手剥笋
【沸騰魚郷】大碗豆角
【沸騰魚郷】水煮魚
【沸騰魚郷】紅豆万年青
【沸騰魚郷】菜花干猪肉
【沸騰魚郷】粉絲圓白菜
【沸騰魚郷】醤油炒飯
【沸騰魚郷】水煮魚公主們大聚会
【沸騰魚郷】五彩耳絲
【沸騰魚郷】私家清江魚
【沸騰魚郷】大札[口卑]
【沸騰魚郷】南笋干炒肉


■お店情報■
新沸騰魚郷(SOLANA藍色港湾店)
朝陽区朝陽公園路6号SOLANA藍色港湾商業区DS-18
010-5905-6321
*好運街のすぐ近くに出来たヨーロッパ風ショッピングモール、
  SOLANA藍色港湾に出来たお店です。
  SOLANAに向かって左側、亮馬河沿いの飲食店街にあります。



■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。