【中国の習慣】喜糖

【中国の習慣】喜糖
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ウェディングキャンディー
喜糖(xi3tang2)
P1200775.jpg
【データ】とき:1月28日/ところ:-/ねだん:-

この日は同じグループ企業に勤めるIさんの最後の出社日。
同和居にやってきたのは、
彼女と最後の食事をするためだった。

そこでIさんが私たちに配ってくれたのがこれ。
喜糖(xi3tang2)だ。

喜糖というのは、
結婚をした人が知人友人に配る飴のこと。
中国の習慣だ。

お祝いの飴なのだが、結婚した人にプレゼントするのではなく、
結婚した本人がプレゼントする。
幸せのおすそ分け、とでもいったところだろうか。

P1210655.jpg

日本にはこういう習慣はないよね。
披露宴や二次会の最後に
出席者へのお土産として小さなキャンディなどを手渡すことはあるけど、
職場の同僚や友人に配ってまわったりはしないよなあ。

以前はちょっとした袋に入れたり、
もしくは手でつかんだ飴をそのままドサッとくれたりする気の使わなさだったけど、
最近はこんな喜糖用のパッケージもある。

これは「囍」(双喜字)があしらわれたもの。
いかにも華やかで、おめでたい。

Iさん、ご結婚おめでとうございます。
Iさんと末永くお幸せに!
(↑あ、新郎もIさんだった)

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。