【同和居飯庄】九転素肥腸

【同和居飯庄】九転素肥腸
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

モツの甘酢煮込みもどき
九転素肥腸(jiu3zhuan3 su4 fei2chang2)
P1200795.jpg
【データ】とき:1月28日/ところ:三里河・同和居飯庄/ねだん:22元

「九転肥腸の『素』のがありますよ!」
「きっと湯葉を揚げてモツみたいに見せてるんですよね。」

メニューを見ていて、発見した九転素肥腸。
九転肥腸の素版、
すなわちお肉を使わない精進バージョンのモツの甘酢煮込みだ。

▼もどきじゃないホントの九転素肥腸
【砂鍋居】九転肥腸

この日はナマコの葱醤油煮こみをはじめとして、
いろいろと料理を食べたのだが、
その後「まだちょっと行けますよね?」
とメニューを再び眺めていて発見した料理だった。

「大豆製品を揚げて肉もどきにする」
というのは精進料理によくある手口なので、
この料理のモツも湯葉を使っているか、
そうでなくても豆製品だろうと予想していた。

ところが、出てきた料理を見て驚いた。
ヤマイモだ!

P1200796.jpg

意外な展開に一同ハッとなる。
というか、拍子抜け。

しかし、これが侮れなかった。
味自体はほんものの九転肥腸ほどの奥深さはなく、
単に甘酢風味であっさりしたものだが、
淡泊なヤマイモにはこのくらいがむしろちょうどいい。
九変化とも言われる複雑で奥行きのあるタレは、
深みのある旨みのモツと合わせてこそその良さが活きる。

見た目こそ九転肥腸のフェイクだけれど、
そこは「もどき」だと思う気持ちを切り替えて
純粋にヤマイモ料理だと思って食べたほうがいい。

実際、ヤマイモのシャキッとした歯ごたえとホックリした芋の食感が共存する
シャクホク感が実に楽しくて、
気がつくとかなりの個数をたいらげていた。

「もどき」を超えた「もどき」料理だ。

【おまけ】
この日食べたほかの料理を一気に!

香椿苗(xiang1chun1miao2):8元
香椿スプラウトの和えもの

P1200771.jpg

ほんのり香椿の風味が感じられる。
私はとても好きな前菜だ。

黒木耳(hei1mu4er3):16元
黒キクラゲのカラシ醤油ダレ添え

P1200773.jpg

ぶりぶりの肉厚キクラゲ。
これは酒のアテとしてもなかなか。

四喜丸子(si4xi4 wan2zi):15元(1個)
肉団子

P1200777.jpg

なんていうかこう、肉の旨みはそんなに凝縮していないんだけど、
私はこの水増し感が嫌いではない。

P1200779.jpg

辣子鶏丁(la4zi ji1ding1):22元
鶏肉とピーマンのトウガラシ炒め

P1200780.jpg

鶏丁というとついつい宮保ばっかり頼んでしまうけど、
たまには辣子もいいものだ。

蒜茸苦瓜(suan4rong2 ku3gua1):16元
ニガウリのニンニク炒め

P1200776.jpg

こっちのニガウリは日本のものより苦味がなくて食べやすい。
ニンニクたっぷりはご一緒したIさんのリクエスト。

烤饅頭(kao3 man2tou):1.5元(1個)/銀絲巻(yin2si1juan3):2元(1個)
焼きマントウ/銀糸巻き

P1200783.jpg P1200790.jpg

やっぱりおいしい、銀絲巻。
す、すきだ~


▼これまでの「同和居」関連記事
【同和居飯庄】三不粘
【同和居飯庄】干炸両様
【同和居飯庄】同和腐乳肉
【同和居飯庄】烤饅頭与銀絲巻
【同和居飯庄】葱焼海参

■お店情報■
同和居飯庄
P1190779.jpg
西城区三里河月壇南街甲71号 貴陽飯店2階
010-6852-2917
*地下鉄1号線「木樨地」駅の西にある三里河路を北上し、
 月壇南街にぶつかったら右(東方向)に曲がり、しばらく行ったところ。
 道の北側にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
こんばんわ☆
若いころ、「素」にはあまり食指を動かされなかったのですが、最近やっとその良さがわかりかけてきました。アモイの南普陀寺の境内にはむかしから薬膳の食府があり、いまは「素斎」という名前でひっそりと営業しています。野菜と油をたくみに使って仕上げた逸品は静かなお寺の雰囲気に相応しいと思いました。
2010/03/13(土) 03:03 | URL | 一葉 #-[ 編集]
一葉さんへ
実は私も「素食」のよさがあまりよく分かりません。
肉料理に似せるために大豆を油で加工したものが多く、肉料理を食べるよりもかえって胃もたれしてしまうこともあるからです。
(もっとも、これはオーダーの仕方で防げるのですけれど。)
アモイの素齋は薬膳なのですね。
それだとかなりヘルシーなのでしょうか。
アモイに行く機会があったら足を伸ばして見ます。
2010/03/14(日) 09:10 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。