【同和居飯庄】葱焼海参

【同和居飯庄】葱焼海参
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ナマコの葱醤油風味煮
葱焼海参(cong1shao1 hai3shen1)
P1200785.jpg
【データ】とき:1月28日/ところ:三里河・同和居飯庄/ねだん:168元

同和居の名物料理の一つ、葱焼海参(cong1shao1 hai3shen1)。
海参(hai3shen1)はナマコ、
葱焼(cong1shao1)は葱焼き、
じゃなくて葱をたっぷりきかせた醤油味で煮込むこと。
中国語の焼(shao1)は「焼く」じゃなくて「煮る」の意味になるので、
メニュー名を解読する時には要注意。

P1200786.jpg

ナマコは日本だと酢の物が代表的な料理とのことだが、これは煮込み料理。
(なんてあいまいな書き方をしているのは、
 白状すると日本でほとんどナマコを食べていないから。
 私にとってのナマコ料理は、ロシアで食べたシチュー風の煮込み料理だった。
 あれは美味だった・・・)

これ、ナマコを食べるというより、
葱味のタレを味わうといったほうが正解?
おそらくナマコ料理としてはもう少しおいしくなる余地があるかも。

歯ざわりもコリコリとした食感はなく、
クニンとした固めのナタデココみたいな感じで、
おいしいから食べるというよりはコラーゲン補給のために口にしている
と言ったほうが納得できる。

が、葱醤油ダレがなんだかやたらと旨いので、
それにつられてついつい箸を伸ばしてしまう。

P1200787.jpg

おまけに(私的には)同和居メニューの最高峰である
烤饅頭(kao3man2tou)にはさんでナマコバーガーで爆食。

P1200788.jpg

目から鱗的旨さの銀絲巻(yin2si1juan3)も
葱醤油ダレにつけて爆食。

P1200792.jpg

結局大皿いっぱいのナマコをほとんど食べつくしてしまった。
いや、もちろん1人じゃなくて、4人ほどいましたが。


▼これまでの「同和居」関連記事
【同和居飯庄】三不粘
【同和居飯庄】干炸両様
【同和居飯庄】同和腐乳肉
【同和居飯庄】烤饅頭与銀絲巻

■お店情報■
同和居飯庄
P1190779.jpg
西城区三里河月壇南街甲71号 貴陽飯店2階
010-6852-2917
*地下鉄1号線「木樨地」駅の西にある三里河路を北上し、
 月壇南街にぶつかったら右(東方向)に曲がり、しばらく行ったところ。
 道の北側にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。