【Argana】摩洛哥料理

【Argana】摩洛哥料理
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

モロッコ料理
摩洛哥料理(Mo2luo4ge1 liao4li3)
P1210272.jpg P1200756.jpg
P1210276.jpg P1210279.jpg
【データ】とき:1月26日・2月24日/ところ:幸福村・Argana/ねだん:記事参照

モロッコ料理のお店、Argana。

P1200741.jpg

新源里にあったMOROのジョセフさんが新しく開いたお店だ。

「前の店が儲かったから移転したんだよ。
 それに前のところはキッチンが狭すぎたからね。」
と冗談めかして言うジョセフさん。
実際のところは、以前のパートナーと袂をわかって
西洋人のパートナー(二人いるっぽい)を見つけたから・・・かな?
せっかく「MORO」で定着していたのに店名を変えたのは
経営パートナーが変わったからだな、きっと。

1階はバーとしても使える気軽なスペースで、
2階はレストランスペースになっている。
週末以外は1階部分だけの営業だそうだ。

お店に行ったら、うれしいことにジョセフさんが顔を覚えてくれていた。
おまけに厨房にまで連れて行ってくれて、
今回新たにモロッコから招いたシェフ(従姉妹という話)も紹介してくださった。

とっても温かみのある女性シェフ。

P1200743.jpg

チキンのタジン鍋煮込みで使うレモン。

P1200742.jpg

これはクスクス。

P1200745.jpg

この大鍋で蒸す。

P1200744.jpg

これは自家製パンを作る機械。

P1200746.jpg

焼きあがったパンはとんがり帽子のついた可愛い編み籠に。

P1200748.jpg

厨房の紹介はこのくらいにして、料理へ。

Tasmanian Fresh Oysters:120元(6個)
タスマニア産生牡蠣

P1200749.jpg

ジョセフさんが盛んに勧めるので、
それに押し切られる形で頼んだ生牡蠣。
不安がなかったわけではないが、
「大丈夫!新鮮だし、オーストラリア大使館の人はいつも食べてるよ!」
と胸を張るジョセフさん。

納得できるようなできないような太鼓判だが、
誰にしろ日常的に食べて何事もない人がいるということは事実。

「もし不安なようなら、一つ食べてみる?」
とタダで味見させてくれた手前、
頼まないわけにはいかなくなって注文。

はちきれんばかりのミルキーな日本の牡蠣ほどではなかったが、
まずまず。
たまにはこんなのもいいかしらね?

Chickpeas Marinated Salad:36元
ひよこ豆のサラダ

P1200750.jpg

ホツホツひよこ豆。
クミン、オリーブ、ワイルドハーブの風味。

Moroccan Salad:46元
モロッコ風サラダ

P1200751.jpg

何が何かはよく分からないながら、どれも美味。
メニューを紐解くとどうやらZaalouk(ザッルーク)というのが入っていて、
それはナスを使ったトマト味のお惣菜なんだとか。
一番左にあるのがそうかな?

自家製パンもいただいた。

P1200752.jpg P1200759.jpg

ドイツ大使館の人もいらっしゃるとかで、ドイツ風のパンもある。

Lamb brain
ラムの脳みそをクミンやシナモンの風味で煮込んだ前菜

P1200753.jpg

これはジョセフさんがサービスで出してくれたもの。
右にあるのはオリーブ入りのホウレン草ペーストだ。

見た目的には脳みそだとは思えないので
脳みそと聞いてひるんでしまう人でも気づかず食べてしまいそう。

これはオススメ!
白子のようなとろりとした舌触りの脳みそが、
クミンやシナモンというエキゾチックな風味をまとって実に不思議。
ワインもガンガン進みそうな一品だ。
メニューにはないが、リクエストすれば出してもらえるかも。

それにしても、モロッコ料理は食器がかわいい!
これも楽しみの一つ。

ここからはメイン料理。
これ以降は値段が不明になりますので、悪しからず。

Kefta Tagine,Meatballs,with Tomato
ケフタ・タジン

P1200754.jpg

ミートボールをトマト風味で煮込んだタジン料理。
割合やさしい味のトマトソースで、
過度にスパイシーでもないのでとても食べやすい。

CousCous
クスクス

P1200756.jpg

鶏肉や野菜がたっぷりのった手作りのクスクス(スパイシーソース添え)。
第1回の時よりソースの味がぐっと引き締まってさらに美味になった。

Pastilla, Pigeon pie
ハト肉を使ったパイ

P1200758.jpg

ナッツがたっぷり入っている。
シナモンと粉砂糖がきいたほんのり甘い不思議な味わいだけど、
デザートではなくてあくまでメイン料理。

P1200761.jpg

そしてデザートではこんなメニューに挑戦。

Knafa Dessert
クナファ(ミルフィーユみたいなモロッコ風お菓子)

P1200764.jpg

パリパリの揚げパイ生地の間に
ナッツやドライフルーツ入りのヨーグルトソースをはさんだお菓子。

P1200765.jpg

生地は揚がっているしナッツもたっぷりなので多少重たいが、
サクサクした揚げパイの軽やかな歯ざわりがそれをうまく相殺している。

モロッコのクッキー盛り合わせ
P1200766.jpg

クナファに比べると、こちらはちょっと味がくどくて厳しいかな。

そんな時は、フレッシュミントの香るミントティーで口直し。

ミントティー
P1200768.jpg
(ジョセフさんの手入りカットですが)

ティーセットがキュート!
銀(色)のお盆に銀(色)のポット、
そしてゆるめのプリントがかえって可愛いちびコップ。

中国の茶博士よろしく、
上のほうからトポトポーッとお茶を注いでくれる。

P1200767.jpg

ほんのり甘くて、ほっと一息。
ミントの風味でお口の中も爽やかに。

ところでこの日の食事は、
最終回となった第15回エスニック会の試食だった。
試食の結果、新たにモロッコからシェフを呼び寄せて
スターターもメインも一段と料理が充実していたし、
さらに奥行きを感じさせる深みのある味わいになっていて、
ArganaはMoroの拡大アップグレード版だと感じられたので、
最終回の会場はここに決定。

エスニック会はMoroで幕を開け、
MOROの進化形であるArganaで幕を閉じた。
ここに始まり、ここに終わる。
15回続いたエスニック会は、
原点回帰をもって終幕を迎えたことになる。

本番では、第1回で味わった料理を押さえつつ、
新たにメニューに加わった料理を中心にメニューを組んでもらった。

Starters:
Moroccan Salad
モロッコ風サラダ

P1210275.jpg

Asparagus with Cheese
アスパラガスのグリル(チーズ添え)

P1210276.jpg

Lentils
レンズ豆のサラダ(クミンとワイルドハーブ風味)

P1210273.jpg

Cheakpaes
スパイシーなひよこ豆の前菜

P1210274.jpg

Spinach with Chicken Heart
ハツの前菜(ホウレン草とオリーブのペースト添え)

P1210272.jpg

これオススメ!

Main Course:
Chicken Tagine
チキン・タジン(レモン風味)

P1210279.jpg

日本でも流行中(もうブームは過ぎた?)のタジン料理。
第1回でも食べたレモン風味のチキン・タジンだ。

Kefta Tagine. Meatballs,with Tomato
ミートボールをトマト風味で煮込んだタジン料理

P1210277.jpg

CousCous ,Mergeuz ,Vegetables
クスクス

P1210280.jpg

チキン・タジンがメインに入っていたので、
鶏肉のかわりにラム・ソーセージがトッピングされていた。

Pastilla, Pigeon pie
ハト肉入りのパイ

P1210278.jpg

Dessert:
Knafa Dessert
クナファ
P1210281.jpg

試食のときはヨーグルトソースだったのだが、
本番では練乳をのばしただけのような不思議なソースに変わっていた。
これは試食時のほうが美味だった。
残念。

そしてサービスでモロッコの焼き菓子盛り合わせも。
P1210282.jpg

ワインもたっぷり用意したつもりだったのに、
蓋を開けてみたらまったく足りなかった。
(エスニック会は酒豪の集まり?)
ご参加いただいたみなさん、申し訳ありませんでした・・・

ところで、エスニック会の成立は
MOROと切り離して語ることはできない。
今は杭州にいる「エスニック会の影番」ことOさんが
モロッコ料理レストランのMOROで食べたレモンチキン(タジン鍋)にいたく感激し、
「レモンチキン以外の料理も食べたいから、エスニック会を作って!」
と言ったのがきっかけだ。
成り行きでその場にいたプリックさんが会長に決定、
そして私が運営サポートをすることになった。

「20人以上集めないと定休日に店を開けてもらえない」
とのOさんの一言で、あわてて人数集めに奔走。
それがきっかけになって、
エスニック会は25名体制の大所帯食事会になったのだ。
今となっては、なぜわざわざ定休日に店を開けてもらう必要があったかはナゾ。
別に通常の営業日に5~6人で行ってもよかったのにねえ・・・

それ以来、15回。
正直なところ、最終回を終えてほっとしたのも事実。
毎月Oさん、プリックさんと店を選び、試食をし、メニューを決め、値段を交渉し・・・
結構、大変だったのだ。
しかしまあ、終わってみれば楽しい作業でもあったかな。

いろいろ行ったけど、
特に印象深いのは、
タイ料理の「美滋滋」、
パキスタン料理の「ムガール」、
エチオピア料理の「RAS」あたりでしょうか。
それから新疆料理の「ウルムチ市レストラン」も羊のモモちゃんが忘れがたい。

ということで、エスニック会関連のエントリーアーカイブ。
エスニック会にいらしたことのある方も、いらしたことのない方も、
どうぞ覗いてやってくださいませ。

▼エスニック会関連記事
・第一回:モロッコ料理【MORO】摩洛哥料理
・第二回:タイ料理【美滋滋泰式私房菜】泰式私房菜
      (この回は本番に出張が入って参加できなかったため、試食時の記事のみ)
・第三回:ペルシャ料理【入迷(Rumi)】再品波斯菜
・第四回:ウクライナ料理【基輔餐廳】烏克蘭菜
・第五回:チベット料理【瑪吉阿米(Makye Ame)マジェアミ】
      (料理の写真撮影不可だっため、ブログ掲載なし)
・第六回:韓国料理【補身閣】滋補養身栄養韓国菜
・第七回:パキスタン料理【Mughal’s】巴基斯坦菜品嘗会
・第八回:ブラジル料理【ALAMEDA】巴西菜
・第九回:ベトナム料理【Le Little Saigon(西貢在巴黎)】越南菜
・第十回:エチオピア料理
        【RAS Ethiopian Cuisine】埃塞俄比亜菜
        【RAS Ethiopian Cuisine】咖喱角
・第十一回:マレーシア(ニョニャ料理)【nyonya kitchen(娘惹厨房)】娘惹料理
・第十二回:タイ族料理【金孔雀徳宏[イ泰]味餐館】[イ泰]味菜
・第十三回:新疆料理
        【烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)】新疆菜大全
        【烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)】新疆烤全羊
・第十四回:タイ料理【金鏈花】泰国菜
・第十五回:モロッコ料理【Argana】摩洛哥料理


■お店情報■
Argana
P1200741.jpg
朝陽区幸福村中路55号傑座大厦1階
010-8448-8250
*工体北路の一本北にある幸福村中路にあります。
 輸入品スーパーのApril Gourmetや四川料理の渝信川菜の向かい。
 看板は目立ちませんが、大きなワインボトルのオブジェが目印です。
<春秀路から行く場合>     
 工体北路から春秀路を北上し、
 最初の交差点を右折してしばらく行くと左手にあります。
<新東路から行く場合>
 幸福広場というマンションのある角を西方向に曲がり、
 しばらく行くと右手にあります。     


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。