【孔乙己尚宴】漕邦豆腐

【孔乙己尚宴】漕邦豆腐
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

干し豆腐の土鍋煮込み
漕邦豆腐(cao2bang1 dou4fu)
P1200623.jpg
【データ】とき:1月17日/ところ:朝陽公園西門・孔乙己尚宴/ねだん:78元

干し豆腐と、塩漬けして干したらしい骨付き鶏肉、タケノコ、白菜を
土鍋で旨煮にした料理。
日本の田舎煮を思わせる甘じょっぱい味付けがベースだけど、
八角や五香粉がふっと香るところがやっぱり中華。
ちょっと酒かすをきかせたような風味も感じられて、
実に奥行きのある味わいだ。

P1200624.jpg

「漕(cao2)」というのは、
特に食糧を水路での輸送のことをさす。
「邦(bang1)」は、おそらく「幇(bang1)」の書き間違いではないだろうか。
「漕帮(cao2bang1)」であるとすると、
旧時(清代)に大運河での水路輸送を担った組織のことで、
つまりこの料理はその水陸輸送組織「漕帮」で働く人々が食べていた料理
ということになるのではないだろうか。

勝手にそうと決めて話を進めると、
「なんとか帮」とついた料理で思い出すのは、
雲南とチベットをつなぐ「もう一つのシルクロード」茶馬古道で活躍した
馬幇(ma3bang1)料理の鑼鍋飯
馬幇(ma3bang1)は、隊商の旅に出てお茶と馬の交易を担った荷馬の一隊のことだ。

陸路で馬を使って物を輸送していた馬幇のまかない料理と、
運河で船を使って物を輸送していた漕帮のまかない料理。
ずいぶんと趣きが違うものだ。

P1200627.jpg

さて、この漕邦豆腐自体に話を戻すと、
これが実にご飯を呼ぶ「下飯(xia4fan4)」なお味。
誘惑に耐え切れず、またやってしまった。

P1200628.jpg

漕邦豆腐丼。

つゆだくで!
卵もあるとよろしいかと!


■お店情報
孔乙己尚宴
朝陽区朝陽公園路八号公館内
010-6508-2228

*よりローカル色の強いお店が好みなら、老店のほうへどうぞ。
孔乙己酒店(老店)
東城区東四北大街322号(六条西口南20メートル)
6404-0507/6401-3855

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。