【孔乙己尚宴】韮菜山薬

【孔乙己尚宴】韮菜山薬
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ニラとヤマイモの炒めもの
韮菜山薬(jiu3cai4 shan1yao4)
P1200625.jpg
【データ】とき:1月17日/ところ:朝陽公園西門・孔乙己尚宴/ねだん:26元

近所にあることもあって、
何か食べようと思ってレストラン選びに困るとここに来ることが多い。

普段は「行きたいお店リスト」には入っていないくせに、
「じゃあ、孔乙己はどう?」
と言われると、一もニもなく
「いいね!行こう!」
となる。

清潔で、雰囲気のあるインテリアで、
店員さんの態度がとてもいいし(有名店ではこれは意外と珍しいこと)、
定番の料理がいつも変わらずおいしくて安心できる上に、
よくよくメニューを探すと
「おっ!これは目新しくて面白い!」
と思う料理を発見できるのも魅力の一つだ。

この韮菜山薬(jiu3cai4 shan1yao4)も
「あっ!こんなのがあるよ。」
「面白いね、それ決まり!」
とメニューで見つけるやいなや注文が決定。

ニラと合わせるのでヤマイモも細切りになっているだろうとは思っていたが、
せいぜい拍子木切りくらいの細さだと想像していた。
それがこの細切り。

ヤマイモに火を通した時のほくほく感はなく、
とにかくシャキシャキとした食感が前面に出る。
レンコンの細切りとはまた違った、さらに軽やかなシャキシャキ感。

ニラの香味とあいまって、実に爽やか。
これはいい。


■お店情報
孔乙己尚宴
朝陽区朝陽公園路八号公館内
010-6508-2228

*よりローカル色の強いお店が好みなら、老店のほうへどうぞ。
孔乙己酒店(老店)
東城区東四北大街322号(六条西口南20メートル)
6404-0507/6401-3855

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
このブログ、偶然に見つけました。
とても美味しそうですね。
私が棲んでいたころ(78-82、99-00)の北京ではこんなにシンプルでお洒落な料理は、なかなか出会うことができませんでした。とくに1回目(78-82)の滞在のときは、如何にして必要なカロリーをするのかで苦労していたように記憶しています。ずいぶん変わりましたね。
2010/03/07(日) 20:04 | URL | 一葉 #-[ 編集]
一葉さんへ
ご訪問いただき、ありがとうございます。
78年から82年の北京にお住まいだったのですか!?
それはもう北京生活の大先輩ですね!
生きるために必要なカロリーを摂取するための食・・・大変なご苦労だったことでしょう。
おっしゃる通り、今では北京の食も、美味を楽しむためのものへと変わってきました。
その一方で、昔ながらの素朴な味は失われつつあるようにも思います。
2010/03/08(月) 00:24 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。