【砂鍋居】干焼黄魚

【砂鍋居】干焼黄魚
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

イシモチの揚げ煮
干焼黄魚(gan1shao1 huang2yu2)
P1200531.jpg
【データ】とき:1月15日/ところ:西四・砂鍋居/ねだん:184.8元

砂鍋居の名物料理は何をおいてもやはり砂鍋白肉。
でもこの干焼黄魚も砂鍋白肉と並ぶ看板料理だ。
イシモチをまるまる一尾使った豪快な一皿で、
テーブルにこれがあると実に華があってご馳走感アップ。

この日は大きめの円卓の席が埋まるくらいの大人数だったので、
えいやっと思い切って注文してみた。

P1200518.jpg

イシモチは1斤で88元。
この日の魚は2.1斤だったので、占めて184.8元。
安くはないけれど、大人数なので1人当たり換算すればたいしたことはない。

実はこちらで食べる魚料理にはあまり期待していない。
水煮魚や酸湯魚などスパイスのきいたものを除いて
泥臭いので普段はほとんど頼まない。

だからこの料理も
「名物だからっておいしいとは限らないよな・・・」
とほとんど期待せずにいたのだが、
その期待を裏切って、なかなかいけた。

P1200532.jpg

イシモチが比較的臭みの少ない魚だったことと、
上にかかったあんがかなり辛味のきいたピリッとした味だったことが大きい。
香ばしく揚がったイシモチとピリ辛味のタレとで、
最後までおいしくいただいた。

他に頼んだ料理をざっと紹介すると・・・

<涼菜の部>
芥末墩(jie4modun1):10元
白菜のカラシ和え

P1200520.jpg

プリックさんの大好物。
ツーンッッと鼻を直撃する強烈な刺激に、
「今まで食べた中で一番おいしい!」
とプリックさん。

思わずおかわりしたら、二皿目は刺激が今ひとつ。
中華料理は一期一会?

五香素什錦(wu3xiang1 su4shi2jin3):10元
五香風味の精進和え

P1200515.jpg

素(su4)はお肉を使わない精進もの。
什錦(shi2jin3)はいろんなものが取り合わせになっていること。
「五目」としてしまいたいところだけど、
クログワイ(あれ?栗だったかな?)、タケノコ、キクラゲ、お麩、青豆・・・と、
たぶん五品目以上あるだろうな。

上海料理の四喜烤夫はかなり甘めの味付けでくどいと感じることもあるが、
こちらはそれほど甘みが強くなくて食べやすい。
日本人にはかなりストライク!なお味だ。

茉莉滑子(mo4li4 hua2zigu1):15元
ジャスミンのつぼみとナメタケの和えもの

P1200514.jpg
(お詫びと訂正:写真が香椿豆になってました。ゴメンナサイ!差し替えました。)

ジャスミンのつぼみ、最近よく料理に使っているのをみかけるようになった。
ナメコとの組み合わせは冒険だったが、
これが意外に好相性。

双黄腐皮巻(shuang1huang2 fu3pi2juan3):10元
塩漬け卵の黄身の押し豆腐(?)巻き

P1200519.jpg

香椿豆(xiang1chun1dou4):12元
香椿と大豆の和えもの

P1200517.jpg


<熱菜の部>
醋溜白菜(cu4liu1 bai2cai4):25元
白菜の黒酢炒め

P1200521.jpg

メニューにはなかったのだが、
なんだかとってもこれが食べたくなって作れるか聞いてみたら、OKだった。
でも25元はちょっと高いね・・・

お酢の酸味で白菜の甘みがひきたつこの料理、大好物だ。
特に白菜のおいしくなる冬場はオススメ。

干炸小丸子(gan1zha2 xiao3wan2zi):25元
肉団子の素揚げ

P1200529.jpg

九転肥腸(jiu3zhuan3 fei2chang2):50元(大)
モツの甘酢煮込み

P1200539.jpg

大蒜肚条(da4suan4 du3tiao2):40元
ニンニクとモツの炒めもの

P1200523.jpg

どっさりのまるごとニンニクと幅広に切ったモツを炒めた一品。
モツラー(なんていう言葉、ないか・・・)にはたまらない。

インド帰りで「肉食をやめる!」宣言をした茶旅人Sさんも
この九転肥腸、大蒜肚条と続くモツモツ・コンボを前にしては、
その決意をひとまず横に置かざるを得なかったようで、
「いやあ、やっぱりモツは旨い!」
菜食の道は遠い・・・?

三不粘(san1buzhan1):60元(大)
卵黄と緑豆粉のカスタード風練り菓子

P1200545.jpg

これ、前に同和居のものをアップした時には「菓子」としたけれど、
こちらのレストランの分類としては「熱菜」。
炒めものと同列の料理に入る。

P1200546.jpg

特に頼むつもりはなかったのだが、
三不粘を食べたことのないプリックさんが興味を示したのでオーダー。
一口食べて、
「脂っこくてうまい!」
その脂っこさをもてあまして食べきれないでいた私の分を
「よかったらどうぞ。」
と差し出したところ、しばらくして
「(ぜんぶ)食べちゃったよ!」
プリックさんの手にはすっかりきれいになったお碗が・・・

「でもこれ、やっぱり同和居のもののほうがおおしいですよ。」
「これは少しざらついてるし油がもたれるけど、
 同和居のはなめらかで食べやすいですよ。」

そう説明すると、プリックさんの目がキラーン。
「分かりました。今度同和居の三不粘も食べにいきましょう!」
かくして、同和居三不粘ツアーが決定したのであった。

<主食の部>
圓夢焼餅(yuan2meng4 shao1bing3):15元
そぼろ肉のゴマパン挟み

P1200538.jpg

伝票上の名前は「肉末焼餅(rou4mo4 shao1bing3)」だったので
前のエントリーではこの名前を記したが、
メニューでは「圓夢焼餅(yuan2meng4 shao1bing3)」となっていた。

圓夢(yuan2meng4 shao1bing3)は、「夢がかなう」。
何の夢がかなうのだろう?

前回はそぼろ肉が別皿で出てきたので
自分でゴマパンにナイフを入れてそぼろをはさんだが、
今回はあらかじめはさまれたバーガー状態で登場。

P1200541.jpg

そぼろご飯の夢、ここに破れる。

盤絲餅(pan2si1bing3):9元
くるくる糸巻きパイ

P1200543.jpg

ああ、なんていい加減な訳名(ごめんなさい)。
見た目がいかにもおいしそうだったので頼んでみたが、
このくるくる糸巻きの部分がかなり硬くて食べづらい。
やや期待はずれ。
中身はどっしりしたあんこ。

P1200544.jpg

いやはや、大人数とはいえ、よく食べた。
食べたいと思っていたものをほとんど注文できたので、
これで砂鍋居はしばらく行かなくてもいいかも。


▼これまでの「砂鍋居」関連記事
【砂鍋居】砂鍋白肉
【砂鍋居】九転肥腸
【砂鍋居】干炸丸子
【砂鍋居】肉末焼餅
【砂鍋居】香椿豆
【砂鍋居】芫爆肚絲
【砂鍋居】大冷天,吃砂鍋!
【砂鍋居】砂鍋大白肉


■お店情報■
砂鍋居
P1190658.jpg
西城区西四南大街60号
010-6602-1126/6608-7621
*地下鉄4号線「西四」駅で下車し、西四南大街を南下。
 道の東側にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
北京に行ってきました!
餡老満 満福楼(焼餅忘れましたe-452) 四川省駐京弁餐廳 行ってきました!「口水鶏」おいしかったです!また行きたいです!!
2010/03/05(金) 20:49 | URL | カエ子 #-[ 編集]
カエ子さんへ
ローカルグルメ、満喫されたようですね!
四川省駐京弁餐廳の口水鶏、おいしいですよね・・・
と書いていたら、私も食べたくなってしまいました!
2010/03/08(月) 00:17 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。