【峨嵋酒家】芝麻糖餅

【峨嵋酒家】芝麻糖餅
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ゴマペースト入りの甘い焼きパン
芝麻糖餅(zhi1ma2 tang2bing3)
P1200462.jpg
【データ】とき:1月13日/ところ:車公庄・峨嵋酒家/ねだん:12元

精品宮保鶏丁については、
「おいしいけど、わざわざ精品を食べなくてもいいや」
という消極的な感想で終わってしまったけれど、
峨嵋酒家自体はとてもおいしい老舗レストラン。
ご飯時には席待ちが出るほどの人気店だ。

あまりよく調べないまま記事をアップしてしまったけれど、
宮保鶏丁はこの店の看板料理だったようだ。
思うに、宮保鶏丁が有名でどの客もこれを頼むので、
ちょっとお値段の張る「精品」も作ってみたらこれを頼む人もいるかも?
なんてことで後からメニューに加わった、というところだろう。
次は普通の宮保鶏丁を頼んでみることにしよう。
ちなみに普通の宮保鶏丁は33元だそうだ。

さて、宮保鶏丁以外に頼んだものでおいしかったのが
この芝麻糖餅(zhi1ma2 tang2bing3)。
小麦粉を練った生地に甘いゴマペーストを塗り、
パイのように折りたたんで焼いた餅(bing3)。

P1200463.jpg

「焼きパン」と訳すのは多少苦しいが、
他に適当な日本語に出来なかった。
「パイ」のほうがむしろイメージが近いかも。

名前はちょっと違うけれど、
これとほぼ同じものを北平居菜館で食べたことがある

日本人にとっては「甘いもの」は自動的に「デザート」に分類されてしまうが、
こちらの人にとっては主食扱い。
私はこの主食とデザートの間にあるような「甘い主食」の存在を
とても面白いと思っている。

香ばしく焼けた小麦粉生地と、
ほんのり甘いゴマペーストの組み合わせがとてもよく合う。
甘さがくどくないので、
おかずを食べながらつまんでもそれほど違和感ない。

残念ながら少しだけ油っぽい仕上がりだったが、
Iさんによれば前回来た時はそれがなくておいしかったとのこと。
この日は運が悪かったということなのだろう。

他には、前菜とスープを頼んだ。

漢堡豆腐(han4bao3 dou4fu):19元
豆腐とハムの前菜

P1200460.jpg

この黒っぽい豆腐は、黒大豆で作った豆腐?
漢堡(han4bao3)は、
単に漢堡包(han4bao3bao1)=ハンバーガーの形に似せてあることからで、
他に特に意味はない。
少し緑が見えているのは、香椿苗。
名前からも分かる通り、昔からの料理ではなくて最近の創作ものだろう。
おいしくないわけではないが、わざわざ頼む必要はなかったかな。
次はもう注文しないと思う。

酸辣湯(suan1la4tang1):20元
サンラータン(お酢と胡椒をきかせたスープ)

P1200465.jpg

ここの酸辣湯は豚肉の細切りがたっぷり入った豪華版だった。
酸辣湯は鴨血入りのものが大好きだけど、豚肉入りも悪くない。

P1200466.jpg

最後に紫芋のアイスクリームがサービスで出た。

P1200467.jpg

これは既製品かな。
普通。

峨嵋酒家の名物は宮保鶏丁と涼面。
あまり下調べせずに行ってしまってもったいないことをした。
今度改めて宮保鶏丁(普通のほう)と涼面を食べに行ってみなければ!


■お店情報■
峨嵋酒家
P1200469.jpg
西城区北礼士路58号
010-8837-4437
*地下鉄2号線「車公庄」駅から西へ向かい、
官園橋批発市場を過ぎたら左折して20m先。
道の左(東)側にあります。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。