「北京で満福」、読売新聞の夕刊に掲載!

「北京で満福」、読売新聞の夕刊に掲載!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

P1210283.jpg

ちょっと時間がたってしまいましたが、
2月16日(火)付の読売新聞夕刊に
拙著「北京で『満福』 -普通がおいしい。本場の中華!-」が掲載されました。
「読書と出版」という欄で取り上げていただきました。

P1210284.jpg

出版からすでに1年半。
なぜこのタイミングで?という疑問は残りますが、
徹底的にディープでローカルなグルメのことばかりを綴ったこの本に脚光を当てていただいて、
本当にうれしい限りです。

少しでも本場の普段着の中華料理を知っていただければという思いで書いた本です。
この機会にぜひ、お手に取っていただければ幸いです。


■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
「北京で『満福』」マイマップ
大手新聞で紹介されましたか。中国という体制と中国の庶民は違うということを、少しでも多くの人に伝われば良いですね。私も中国語はほとんど喋れませんし、まだまだ中国のことはわかりません。実際に食堂で食べるのも、鉄道の切符を買うのも、外国人には大変な国ですが、中国では、多くの人に親切にしてもらい、なんとか一人で旅行しています。それにしても、あまりにあっさりした紹介文。三段抜きぐらいの特集組んで欲しいですよね。

9年ほど前から上海・江南方面に5回合計70日ぐらい行きましたが、去年の4月初訪燕。北京北駅近くの市場の小吃城で食べた陝西小吃と燕京啤酒(プピでしたっけ)にはまってしまい、帰国してからビールも食べ物も物足りなくて悲しくなりました。5月に人民日報でこちらのブログを知り、速攻amazonでクリック。イメージしていたものとはちょっと違っていましたが。今度は、「豪華本」期待していますからね。でも持って歩くにはこの重さは良いです。

3月10日から10日間ほど1年ぶり2度目の訪燕するので、自分用のマイマップを作っています。urlをクリックしてもらえば、見れると思います。料理の写真が地図上で見れる場合と、アイコンになってしまう場合がありますが、原因はまだわかっていません。「北京で『満福』」の「北京お店ガイド」の48店を網羅しようと思って始めましたが、まだやっと12店です。店名の漢字が入力できない、地図での場所がわからない。ピーインを覚えれば、もっと楽なんでしょうか。完成はだいぶ先になりそうです。リンクしまくりなんですが、よろしかったでしょうか。もしかして、他の方が似たようなマップを作っておられるでしょうか。
そしたら、自分で作る必要ないですし。

ところで、中国ではまだgoogleは、見れるんですよね。gmailもgoogle mapも見れなければ、北京で、「ミールーラ」です。
2010/02/27(土) 11:25 | URL | 馬士心 #-[ 編集]
馬士心さんへ
コメントありがとうございます!
三段抜きで大特集・・・していただけるようなものを書けるように精進します!

ところで、北京で「満福」マップを拝見しました。
すごーい!
「作ろうと思っている」という方はいらっしゃいますが、実際に作られた方は馬士心さんが初めてです。
リンクは全く問題ありません。
どんどん貼り付けてくださいませ(笑)。

ただ、「北平居菜館」と「東来順」が地下鉄工事や区画整理で改装、移転しています。
その後再訪していないので実際の状況がまだ分からず、ブログ記事でのフォローが遅れておりました。
早めに記事にもコメントをつけておくようにします。

google、gmail、google map、すべて見られます。
どういうわけかエキサイトブログはいまだに見られません。

馬士心さんの北京旅行が、おいしい旅になりますように!
2010/03/01(月) 00:30 | URL | ayazi #-[ 編集]
区画整理で、移転
このブログを初めて拝見した時、ほんとに「すごーい!」と思いました。マイマップは所詮コピペしかできない人間の悲しさですが、お墨付きを頂きましたので、「北京で『満福』」のタイトルで勝手にすすめさせて頂きます。20店を超えたぐらいで「一般公開」にしようと思います(勝手に)。多くの老舗が移転しているのでしょうね。去年泊まったホステルも2件ともなくなっていました。鼓楼付近と前門の裏通りですから、真っ先に区画整理になって当たり前の場所だったのでしょう。「北京で『満福』」のビジュアルガイドホームページを勝手に企画しているのですが、ホームページのタイトルで真剣に悩んでいます。暇な時に良いコピーをお願いします。以下候補です。所詮コピペのパロディーの悲しさです。

「北京で『満福』」、徹底研究
ペキンの食べ方、「北京で『満福』」
「北京で『満福』」、ペキン料理の春秋戦国時代

老北京に聴け、「北京で『満福』」
胡同のレストラン、「北京で『満福』」
餅、清真、小吃、火鍋、「北京で『満福』」

疾!至高の宝貝、「北京で『満福』」
臥竜鳳雛、「北京で『満福』」
百八星集結、「北京で『満福』」
孫子・老子、管仲・楽毅、「北京で『満福』」

「北京で『満福』」をめぐる冒険
「北京で『満福』」の歌を聴け
1973年のピージョーと「北京で『満福』」
世界の終わりと「北京で『満福』」
2010/03/01(月) 23:18 | URL | 馬士心 #-[ 編集]
馬士心さんへ
返事が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
拙著のビジュアルガイドホームページを作ってくださるなんて、光栄です!
タイトルは馬士心さんがお決めいただいて結構ですよ。

北京オリンピックが終わって再開発も一段落したかと思いきや、結構いろんなところで立ち退きや取り壊しが続いています。
都市の新陳代謝と言えばなんだか聞こえがいいですが、なじみの店がなくなるのはやはり寂しいものです。


2010/03/08(月) 00:08 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。