【烏魯木斉市駐京弁餐廳】新疆涼粉

【烏魯木斉市駐京弁餐廳】新疆涼粉
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

新疆風涼粉(緑豆粉のところてんもどき)
新疆涼粉(Xingj1jiang1 liang2fen3)
P1200216.jpg
【データ】とき:12月29日/ところ:車公庄・烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)/ねだん:10元

まだ行くか?また行くか?
と言われてしまいそうだけど、またまたウルムチ市レストラン。

新疆涼粉(Xingj1jiang1 liang2fen3)は、
エスニック会でメニューを決める時にも気になっていた前菜。

涼粉(liang2fen3)は、緑豆の粉でつくったところてんみたいなぷるぷるしたもの。
私は苦肉の策で「ところてんもどき」と呼んでいる。

▼これまでの「涼粉」関連記事
【四川省駐京弁餐廳】川北涼粉
【北平居菜館】川北涼粉
【栄盛祥】烤羊肉串(西安で食べたごまだれの涼粉)

▼これは「もどき」じゃなくてほんとに「ところてん」
【8610食庫】膠東海涼粉

ひんやり、つるりとした食感でファンの多い前菜だ。
特に女性に支持者が多いように思うけど、どうだろう?

もともと新疆の食べ物ではなく、
四川省など他の地域から伝えられて根付いたものだそうだ。

黒酢に唐辛子をきかせた酢っぱ辛いタレがかかっているので、
それをよく混ぜ合わせてから食べる。

P1200218.jpg

新疆風と銘打つからには、
もっとクミンシードなどのスパイスが大量にきいているかと思ったけど、
意外に普通。
もう少しスパイシーに仕上げてあってもよかったかもしれない。

さて、この日はエスニック会に出られなかった
Mさんからのご要望を受けてのランチ。
当日午後便でご帰国だというのに、
貴重な出発前の時間を使ってわざわざ車公庄まで足を運んでくださった。

3人というこじんまりした食卓だったので、
羊ものは羊肉串でとりあえず押さえておき、
メインの大物料理を一つ取ろうと相談がまとまった。

悩んだ末にMさんが選んだのは、大盤鶏(48元)
P1200220.jpg

これも新疆涼粉と同様に、四川料理の影響を受けた料理だ。
人が動けば味も動く。
四川の人々は四川の味とともに全国に出稼ぎに行く。
四川料理が各地方料理に与える影響は大きい。
北京の料理も、昔に比べると全体的に麻辣味が増えてきたように思う。

そして梨とセロリの炒めもの(22元)
P1200221.jpg
中国語名は、雪梨西芹(xue3li2 xi1qin2)。

エスニック会で食べたもののほうが、塩気が少なくておいしかった。
この日はやけにしょっぱかったのと、
とろみがつきすぎてぼってりしていた。

これにさらに、飲み物がわりに自家製ヨーグルトを頼み、
さらにこんなちびミートパイも試食。

P1200223.jpg

中身は烤包子と同様で、塩コショウ味の羊のミンチだ。

P1200227.jpg

冷めてしまっていたので今ひとつ感動はなかったけれど、
アツアツだったらなかなかいけたかも。


▼これまでの「烏魯木斉市駐京弁餐廳」関連記事
【烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)】新疆菜
【烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)】新疆菜大全
【烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)】新疆烤全羊
【烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)】杏包仁
【烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)】阿米娜方便麺(肉鴿子湯麺)
【烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)】饟坑烤羊背
【烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)】新疆点心

▼新疆料理探訪
【新疆駐京弁餐廳(新疆伊斯蘭飯庄)】新疆菜


■お店情報■
烏魯木斉市駐京弁餐廳(新疆飯庄)
(ウルムチ市の北京駐在事務所レストラン)
P1190294.jpg
車公庄大街北里1号
010-6836-2795
*地下鉄2号線「車公庄」駅下車。
 車公庄大街を西へ向かい、車公庄北街にぶつかったら右折。
 しばらく歩くと道の左手に看板が見えてきます。
P1190292.jpg
*新疆ウィグル自治区のレストラン、
 新疆駐京弁餐廳(新疆伊斯蘭飯庄)とお間違えのないように!!

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。