【泰客餐廳(Tuk Tuk Thai)】椰香鶏湯

【泰客餐廳(Tuk Tuk Thai)】椰香鶏湯
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

トムカーガイ(鶏肉入りココナツミルクスープ)
椰香鶏湯(ye1xiang1 ji1tang1)
P1200038.jpg
【データ】とき:12月23日/ところ:大望路・泰客餐廳(Tuk Tuk Thai)/ねだん:42元(小)

タイの街を疾走する三輪車タクシー、Tuk Tuk(トゥクトゥク)。
それを訳した「泰客(tai4ke4)」という名前のタイ料理レストランに行ってきた。

P1200035.jpg

いくつか試食した中で、断トツでおいしかったのがこのスープ。
鶏肉入りのココナツミルクスープ、トムカーガイだ。

P1200039.jpg

タイ料理でスープと言えばトムヤムクンの知名度がずば抜けて高いが、
本場タイではこのスープも人気があるそうだ。

この店のトムカーガイは、
ココナツミルクの甘さとカー(タイしょうが)の辛味、
そしてライムの酸味にナンプラーの風味が絶妙のバランス。

タイ料理を専門とするフードコーディネーターのプリック美和子さんをして、
「このトムカーガイはおいしい。絶品。」
と言わしめたほどのおいしさだ。

これを飲むためだけに来ても惜しくはない。
そう思わせるだけの力のあるトムカーガイだった。

P1200047.jpg

が、この日はもちろんトムカーガイだけ飲みに来たわけではなくて、
ほかにもいろいろ味見していた。

魚蝦餅(yu2xia1bing3):48元
トートマンプラーとトートマンクンの盛り合わせ

P1200046.jpg

タイ風さつまあげと、エビのすり身のパン粉揚げ。

泰北猪肉松(Tai4bei3 zhu1rou4song1):38元
タイ北部の豚ひき肉サラダ

P1200037.jpg

レタスでくるんで食べる。
プリックさんによると、若干本場のものとは違うらしい。

香葉包鶏(xiang1ye4 bao1ji1):32元(4個で)
ガイホーバイトゥーイ

P1200043.jpg

鶏肉のパンダンリーフ包み揚げ。

このあたりまではそこそこタイらしい味でまずまずかと思っていたのだが、
ここから先はややトーンダウン。

紅咖喱焼鴨(hong2ga1li3 shao1ya1):48元
ゲーンペッペットヤーン

P1200042.jpg

ダックのレッドカレー。

以前プリック美和子さんのホームパーティで食べたこのカレー。
期待して頼んだのだが、ダックがいかにも出来合い風のお肉でちとがっかり。

P1200048.jpg


香葉辣炒牛肉(xiang1ye4 la4chao3 niu2rou4):28元
牛ひき肉のバジル炒め

P1200049.jpg

これは・・・バジル炒めというより、インゲン炒め?
かなり中華ちっく。

焼鶏(shao1ji1):68元
タイ風鶏の丸焼き

P1200053.jpg

と言いつつ、揚げてある?
焼きたての皮パリパリ、中身はジューシーなのを期待していたのに、
なんとなくパサパサしていて今ひとつ。

澆汁河粉蝦(jiao1zhi1 he2fen3xia1):32元
パッタイ(なのかな、これも?)

P1200054.jpg

タイ風のエビ入り焼きそばだけど、あんかけ。
これは最早中華風?
タイ料理と言うよりは、広東あたりで食べられそうな味だった。

と、トムカーガイがおそろしく美味だった割には、
他のものがぱっとしなかったという印象。
タイ風のものもあるけれど、
料理によってはかなり中華っぽい味付けになっていたのが残念だった。

結論としては、無難に前菜程度を軽くつまんで、
とにかくトムカーガイをメインでどうぞ!
これじゃ食事にならない?
ううむ。

何を食べてもおいしいタイ料理レストランって、
意外にないものですねえ。

▼何を食べてもおいしいタイ料理レストランはこちら。
【美滋滋泰式私房菜】泰式私房菜
*プリック美和子さんお墨付き!
 他に、非常泰(Very Siam)もおいしいそうです。

■お店情報■
泰客餐廳(Tuk Tuk Thai)
P1200035.jpg
朝陽区大望路SOHO現代城西側飲食店街
010-8580-0568
*SOHO現代城ではなく、
SOHO現代城の西側にある飲食店街のかなり南側の奥まった場所にあります。
黄色い看板が目印です。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。