【奶酪魏】蛋黄奶酪

【奶酪魏】蛋黄奶酪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

宮廷風ヨーグルトデザート(カスタードクリーム味)
蛋黄奶酪(dan4huang2 nai3lao4)
P1200028.jpg
【データ】とき:12月23日/ところ:増光路・奶酪魏(増光路店)/ねだん:7元(確か)

牛肉麺を食べた後のお楽しみはこれ。
蘇氏牛肉麺のはす向かいにある宮廷風ミルクデザートのお店、
奶酪魏である。

奶酪(nai3lao4)の訳語はチーズだけれど、
ここの宮廷奶酪はチーズと言うより若干ヨーグルト寄り。
プチダ○ンが割合近い感じだろうか。

これと似た味を私の味覚データベースで検索すると、実はヒットするものがある。
それが、「カルグルト」。
皇室専用の乳製品デザートだ。

皇室専用乳製品の味をなんで一介の庶民の私が知っているのかって?
それはまあなんだ、私の父の勤め先と関係があるわけで、
ごにょごにょのかくかくしかじかな事情により、
小さい頃はわりと普通にこのカルグルトを口にする機会があったわけですな。

で、カルグルトは
「ドリンクヨーグルトより薄めでカルピ○みたいな味の飲み物」
と一部では書かれているが、
私の記憶では飲み物ではなくて、瓶からスプーンですくって食べていた。
ヨーグルトのようにさらりとしたテクスチャーではなくとろんとした粘りがあって、
プチダ○ンよりさらに張力がある感じだった。

P1200029.jpg

奶酪魏の宮廷奶酪は、
(私が食べたことのある)カルグルトよりはほんのちょっとだけヨーグルト寄り。
ことにこの日行った増光路店のものはさらりとしている。
牛街にある本店のものは、もうすこしもっちり感がある。

と宮廷奶酪自体について長々と書いてしまったが、
今日の主役はプレーンな原味(yuan2wei4)ではなくてアレンジ版。
蛋黄奶酪だ。

P1200030.jpg

奶酪魏の宮廷奶酪には
オリジナルのほかにイチゴ味やマンゴー味などいろいろなフレーバーがあるが、
それも見るからに合成っぽい味がしそうで食指が動かない。
その中で唯一これなら食べてみてもいいかなと思ったのが、この蛋黄奶酪。
蛋黄(dan4huang2)=卵の黄身なら、
まさか合成ではなく本物を使っているだろうと思ったのだ。

それが当たった。
これは、まさにカスタードプリン風味のクリームデザートみたいだ。
むっちりというよりは、とろとろ。
ふるふるやわらかプリンのちょっとヨーグルトフレーバー。
甘さも割合控えめで上品だ。

Iさんとそんなことをきゃいのきゃいのと話していたら、
店内で1人静かに座っていた男性が
「日本人ですか?」
と声をかけてきた。

「そうですけど・・・」
と怪訝に思いながらも返事をすると、
「あの人、たぶんここのご主人ですよ。」
とIさん。
以前仕事の関係で会ったことがあり、見覚えがあったのだという。

ああ、なるほど。
それならさっきから何も食べずにずっと席に座っていたのも頷ける。
奶酪魏のご主人だから、当然お名前は魏さん。

P1200031.jpg

魏さんが聞いてくる。

「味はどうですか?」
「おいしいですよ!!文宇のより好きです。」
「(外国人なのに)文宇のことも知ってるんですか?」
「はい、メディアでもよく紹介されてるし・・・
 でもこっちのほうがおいしいです。
 私、本店にも行ったことがあります。」
「どう、これ、日本でやったらウケると思う?」
「いけると思いますっ!」

魏さん、にっこり。

日本の皆さま、奶酪魏の日本店が出来たら、
それはayaziのこの日の一言のおかげです。
なーんて、カスタード味に感激したあまり
ちょいとばかし無責任なことを言ってしまったかしらん?


▼これまでの「奶酪魏」関連記事
【奶酪魏】宮廷奶酪
【奶酪魏】鴛鴦奶巻
【奶酪魏】果子干


■お店情報■
奶酪魏(増光路店)
海淀区増光路55号(紫玉飯店東)
P1100539.jpg

*紫玉飯店に向かってすぐ右手にあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。