【Let's SEAFOOD】泰式紅咖喱海虹

【Let's SEAFOOD】泰式紅咖喱海虹
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ムール貝のタイレッドカレー風
泰式紅咖喱海虹(tai4shi4 hong2ga1li3 hai3hong2)
P1190984.jpg
【データ】とき:12月21日/ところ:三里屯・Let's SEAFOOD/ねだん:68元

三里屯にあるパティオ風のファッションビル「那里花園」にあるLet's BURGERの姉妹店で、
Let's SEAFOODというのが出来たというので、行ってみた。

P1190973.jpg

と言っても、実は私はまだLet's BURGER未体験。
おいしいという評判はあちこちで聞くのだけれど、
1個50元前後というお値段におののいてなかなか足が向かないのだ。

なのにその姉妹店には開店してからそう時間のたたないうちに訪問。
理由は海虹(hai3hong1)、ムール貝だ。

これまでムール貝と言えばバカの一つ覚えでMorel’sばかりに行っていたのだが、
他にも選択肢が出来るのは大歓迎。
そこで味見に行ってきたのだった。

Let's SEAFOOのムール貝料理は、二種類。
一つはシンプルなワイン蒸しだ。

白葡萄海虹((bai2pu2taojiu3 hai3hong2):68元
P1190980.jpg

「シンプルな」と思っていたのだが、
これはクリームがかなり入っていて意外に濃厚でこってり。
もっとあっさり仕上げてくれたほうが好みだった。
ムール貝自体もやや小ぶり。
これはMorel’sのほうに軍配が上がってしまう。

それと比べると、レッドカレー風味のほうが私はまだ受け入れられた。
どうせこってり濃厚な味付けで覆ってしまうなら、
このくらい思い切っていじってもらったほうが納得がいく。

まあ、ここまでやってしまうと
そもそも食材がムール貝である必要はあるのか?
という疑問もあるにはあるけれど。

他に食べたものはこの二品。

鮮烤加吉魚(xian1kao3 jia1ji2yu2):98元
フエダイのグリル

P1190982.jpg

お魚、かたい・・・
そしてソースがやっぱりかなりこってりめ。

香脆魚塊児童餐:36元
フィッシュ(ナゲット)&チップス(お子様用)

P1190978.jpg

きっと他にも食べるよね、ということでおこちゃま用をオーダー。
なんて理性的。

味的には、これはまあまあアリ。
この日は特に聞かなかったかど、モルトビネガーも置いてあったんだろうか。

「Let's SEAFOOD」と銘打っている割に
それほどシーフードが新鮮でおいしいとは思わなかったし、
全体的にクリームを多用した重ための味付けなので、
シンプルな味付けで新鮮なシーフードを食べたいという向きには
あまりオススメできないかも。

それよりは、このレッドカレー風味のムール貝料理のように
時には毛色の変わったものを食べてみるとか、
いっそのこと
おこちゃまサイズのフィッシュ&チップスとビールを頼んで、
サクッと食べてすっと席を立つ、
もしくは本でも読みながらゆったり一人ランチ・・・
なんていう使い方が賢いように思った。

難点は、BGMがベタなこと。
私が行ったこの日は「ジングル・ベル」や「赤鼻のトナカイ」なんていう
ザ・クリスマスな歌ばかりがヘビーローテションでかかっていた。
しかも「ジングルベル」に至っては、
「こっころーも勇むよ そりーのあっそっびっ」
・・・日本語だった。

いくらクリスマスシーズンだったからって、
それもちょっと、ねえ?


■お店情報■
Let's SEAFOOD
P1190973.jpg
朝陽区三里屯北街81号那里花園D110
010-5208-6038
*三里屯バーストリート「那里花園」内。
 「那里」ではありませんので、注意!
 那里花園は、三里屯ユニクロのある交差点を北上し、
最初の路地を越えてすぐ左側にあります。
那里花園の中庭に入り、1階右手奥です。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。