FC2ブログ

【銀灘金湯】鮑汁滋補火鍋

【銀灘金湯】鮑汁滋補火鍋
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

鮑ベースの滋養鍋
鮑汁滋補火鍋(bao1zhi1 zi1bu3 huo3guo1)
P1190905.jpg
【データ】とき:12月20日/ところ:望京・銀灘金湯/ねだん:記事参照

ちょこちょこと前菜ばかりを紹介してきたけれど、
このお店のメイン料理は鍋もの。
劉阿姨特製のスープがベースになった、鮑汁滋補火鍋だ。

鮑をベースにした複雑かつ濃厚なスープ。
人によってはクセがあると思うこともあるようだけど、
私はここのスープが大好きだ。
滋養鍋というその名の通り、飲むと元気になるような気がする。

鍋底(guo1di3)=ベースのスープは48元。
これに味噌ダレと醤油ダレがついてくる。

P1190890.jpg
どちらも5元。

これと一緒に小皿に盛られたお通しが3皿と薬味のセロリ。

P1190888.jpg

これは1人分が5元。

本来なら最初に鮑スープで作ったお粥が出るのだが、
この日はなんと売り切れ。
残念。

ところで、お鍋の具。
鮑のスライスを具にすることもできるけど、私はいつもパス。
鮑のエキスはもうすでにスープにたっぷりだから、
改めて食べなくてもいいのだ。

頼むのは決まってキノコ類だ。
この日はキヌガサダケとシイタケ。

竹蓀(zhu2sun1):30元
P1190896.jpg

シイタケは、香(xiang1gu1):16元

さて、このお店の鍋は、まずはスープを味わうところから。
そのまま飲んでもよし。
薬味でついてくるセロリのみじん切りを入れてもよし。

P1190893.jpg

スープを飲んだら、まずはキノコ類から鍋に投入。

P1190897.jpg

火が通って食べごろになるまでにちょっと時間がかかるので、
それを見越してのことだろう。

そこに、メインの具を投入。
この日のメインは、蝦のすり身だ。

蝦滑(xia1hua2):58元
P1190899.jpg

店員さんがナイフを使って鍋の中におとしていく。

P1190901.jpg P1190910.jpg

同じすり身でもお店によって出し方が違う。
ここのお店はナイフで鍋に落としていく方法だったが、
こんなデザートまがいの方法もあってなかなか面白い。

P1190907.jpg

これは醤油ダレのほうでいただく。
しかし、この形だと団子とは言えないな・・・

メインの具を食べ終わると、ぼちぼちキヌガサダケに火が通る頃。
店員さんがタイミングを見計らって鍋から引き上げてよそってくれる。

P1190911.jpg

キノコは味噌ダレをつけて食べるのがオススメ。
ショリショリした食感のキヌガサダケは、
網目にスープがしっかりとまとわりついて実に味わい深い。

P1190912.jpg

お次はシイタケと野菜。
野菜は、四川の野菜で珍しいものが入っているというのでそれを頼んだ。

棒菜心(bang4cai4xin1):18元
P1190895.jpg

小さめの白菜の芯のような野菜。
肉厚でしっかりしていて食べ応えあり。
ほんの少しだけ苦味があって、それがおいしい。

P1190913.jpg P1190914.jpg

続いて豆苗。

豆苗(dou4miao2):18元
P1190898.jpg

緑が鮮やか。
豆の風味がしっかりと感じられて、美味。

P1190915.jpg P1190919.jpg

仕上げは麺。

手工麺(shou3gong1mian4):16元
P1190918.jpg

ホウレンソウ入りでこちらも鮮やかな緑色。
これを店員さんがみよーんと伸ばして鍋に投入。

P1190920.jpg P1190926.jpg

腰はないものの、つるりとした舌触りでなかなか。

ここまで味わってから最後にもう一度スープを飲んでみたら、
キノコやエビ、野菜の旨みが溶け出して
さらに濃厚コクコクなスープに変身していた。

P1190928.jpg

久しぶりに銀灘金湯のお鍋を堪能。
やっぱりほっとするおいしさだ。


▼過去の「銀灘酒楼」関連記事:
【銀灘酒楼(劉記馥園)】鮑汁滋補火鍋(一)
【銀灘酒楼(劉記馥園)】鮑汁滋補火鍋(二)
【銀灘酒楼(劉記馥園)】四川香腸
【銀灘酒楼】墨魚馬蹄丸子(鮑汁滋補火鍋)
【銀灘酒楼】劉阿姨的加油站
【銀灘酒楼】蜂窩豆丁
【銀灘酒楼】竹葉青

▼リニューアル後の「銀灘金湯」の記事
【銀灘金湯】翡翠花仁
【銀灘金湯】腌醤拼盤


■お店情報
銀灘金湯(旧「銀灘酒楼」)
P1110942.jpg P1190930.jpg
朝陽区利澤西園209号楼望馨商業中心5階
010-6470-4958
*望馨商業中心の3階から5階に移りました。

<行き方>
P1140471.jpg
 ・京順路側から行く場合:
   京順路から広順北大街に入り、六佰本のある交差点で左折。
   一つめの交差点の右手に望馨商業中心があります(東湖湾の向かい)。
 ・京承高速側から行く場合:
   四環路の望和橋から京承高速に乗り(高速代はいりません)、
   望京科技園出口で下りて直進。
   左手に望馨商業中心が見えてきます(東湖湾の向かい)。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
手工麺
火鍋、いろんなタイプがありますね。
今月は、前門の裏通りで路上に並べられた火鍋を見ているうちに、羊肉を食べたくなって、ひとりで店に入って注文しました。
鍋底・たれ・香菜そして具材を順番に注文するしくみを、ようやく理解できました。

数年前の煙台での火鍋の注文では、鍋底だけの注文で止まってしまって、服務員さんを困らせ、通訳に電話をかけて、事態を理解した思いでもあります。

手工麺、ほうれん草入りおいしそうですね。ほうれん草入り緑の水餃子が私の行きつけのらぁめん屋さんにありました。今はお店がなくなってしまって、食べることができません。
2010/01/28(木) 08:28 | URL | nao0880 #4aiYG7/g[ 編集]
nao0880さんへ
確かに最初はこちらの鍋料理の注文の仕方が分からないかもしれませんね。
日本では鍋の具を自分で注文したりしないですもんね。
でも慣れてくると、自分で好きなものを選んで食べられて、その日の気分やおなかの具合に合わせることのできる自由度の高さがいいな、と思うようになりました。
2010/01/29(金) 00:38 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。