【楚香鍋】箭穿無骨魚

【楚香鍋】箭穿無骨魚
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

“骨無魚”の串揚げ
箭穿無骨魚(jian1chuan1 wu2gu3yu2)
P1190710.jpg
【データ】とき:12月15日/ところ:朝陽門・楚香鍋/ねだん:5元(1本)

東岳廟のすぐ西側にある胡同にある楚香鍋は、湖北料理のレストラン。

P1190705.jpg

そこで食べて、久々に魚ものでおいしいと思った料理がこれ。
「無骨魚(wu2gu3yu2)=骨のない魚」を串刺しにして揚げたものだ。

ニンニク風味でカラリと揚がって香ばしい。
中身もほろりとやわらかく、そして不思議とみずみずしい。

P1190712.jpg

“無骨魚”と名はついているが、骨はある。
ただ、ごくごく細い小骨だけ。
そのまま食べてもほとんど気にならない。

この魚、なんだろう?
以前香港の街市の二階で食べた魚のフライと似ている気がするけど、
同じものだろうか。
これも口に入れるとしゅうっと溶けていくような食感だった。

おおたまさんが市場で買われたノロゲンゲのようにも思うのだけれど、
湖北料理に使われるものなのかな。
はてさて・・・

<後記>
おおたまさんが再度調べてくださった結果、
市場で買われた魚は
ノロゲンゲではなくテナガミズテングであることが判明しました。
なのでこの「無骨魚」もテナガミズテングの可能性大!
(2010.1.17付記)


いずれにしても、魚ものがあまりいけてない北京で、
久しぶりに「これはアリ!」な魚料理だった。
1人3本、ぺろり。
であった。

この日他に食べた料理は、次の通り。

熱干麺(re4gan1mian4)
P1190713.jpg P1190716.jpg

湖北名物の麺料理。
汁気はまったくなくて、
上にちょびっとかかったタレとお漬物をぐるぐるんとよく混ぜて食す。
この漬物、ヤマゴボウの漬物みたいな味がしてとても懐かしかった。

汁気がないのでぽそぽそしてはいるが、それが意外と欠点にならない。
喫茶店のナポリタンとか、焼きそばパンの焼きそばみたいな感じと言ったらいいのか。

ゼンマイの土鍋炒め
P1190714.jpg

ゼンマイ・・・だよね?
中国語名称は忘れてしまった。
確か「野菜(ye3cai4)なんとか」だったような?
中国語の「野菜(ye3cai4)」は山菜のこと。

スペアリブとレンコンのスープ
P1190717.jpg P1190718.jpg

同席した友人によると、このレンコンは「間違いなく湖北産」。
シャクシャクと歯ざわりのいいものではなく、
ジャガイモのようなお芋感のあるレンコンだった。

地鶏の鍋物
P1190721.jpg P1190723.jpg

湖北風ライスクレープのもち米包み
P1190724.jpg P1190726.jpg

とまあ、こんな感じ。
ほかの料理は可もなく不可もなくという感じだったが、
骨無魚は旨かった。
あれだけ買ってお持ち帰りしたいくらいだ。


■お店情報■
楚香鍋
P1190704.jpg P1190705.jpg
朝陽区朝陽門外大街223号
010-6551-5766
*昆泰嘉華酒店の北側にある胡同の中。
 20mくらい入ったところにあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
う~む、やっぱノロゲンゲかな。
ayaziさま
美味そうですね、コレ。
1枚目の写真を見た時にはサヨリではないかと考えましたが、サヨリの中骨は結構硬いし、3枚目の衣の下に薄っすらと見える細かい点々の模様や、中身がほろりと柔らかくて瑞々しい点などを考え合わせると、やっぱノロゲンゲかな?と思い至った次第です。
でも、何で湖北料理でノロゲンゲなのか、と言う点についてはどうにも合点が行きませんがネェ。
食えば分かる、かな?一度試してみましょう。
おおたま
2010/01/16(土) 17:53 | URL | おおたま #-[ 編集]
連続投稿ゴメンなさい
ayaziさま
ヤバイっ!北京で売っているあの魚のことを「ノロゲンゲ」だとばかり思い込んでいましたが、先ほど「中国貿易魚介類図鑑-東シナ海版-」というこの間日本で仕入れて来た本を見ていたら、アレは「テナガミズテング」と言う別の魚であることが判明しました。
従い、ayaziさんが食べた無骨魚はこのテナガミズテングであろうかと思われます。
因みに中国語では「龍頭魚」だそうです。
おおたま
2010/01/16(土) 18:08 | URL | おおたま #-[ 編集]
おおたまさんへ
>「中国貿易魚介類図鑑-東シナ海版-」

こんな本があるのですね!
私も入手しよっと。

で、「テナガミズテング」ですか・・・
この名前、確かどっかで聞いたことあるような?
「龍頭魚」という名があのおっかない顔にぴったりですね。
2010/01/17(日) 12:22 | URL | ayazi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。