【伊斯坦布爾(イスタンブール)】中東千層餅

【伊斯坦布爾(イスタンブール)】中東千層餅
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ムサカ(茄子と挽肉の重ね焼き)
中東千層餅(Zhong1dong1 qian1ceng2bing3)
P1190527.jpg
【データ】とき:12月6日/ところ:建国門・伊斯坦布爾(イスタンブール)/ねだん:48元

ギターの名手で、トルコのフォークダンスに青春を捧げた(?)
Iさんはトルコ料理に詳しい。
北京にいくつかあるトルコ料理の中で、
そのIさんが「一番トルコらしい」とおっしゃるレストランに連れて行ってもらった。
北京で最も正統派のトルコ料理レストランと評判の
イスタンブールというお店だ。

トルコ料理といえば、ムサカ。
ソテーしたり揚げたナスと挽肉、ピーマン、トマト、タマネギなどに
チーズをのせて焼いたもの。
これにジャージクと呼ばれるキュウリ入りのヨーグルトをかけて食べる。

P1190528.jpg

ムサカはトルコだけでなくて、
ギリシャや東欧でも食べられているらしい。
それぞれの地域でちょっとずつ使われる材料や作り方、
ソースや味付けが違っているけど、
どうやら発祥は中東のようだ。

▼ムサカについての詳細はこちでどうぞ。
ウィキペディアの「ムサカ」の頁

そんなこともあってか、このレストランでは中国語名は「中東千層餅」。
「千層餅」は、イタリア料理のラザニア。
ムサカも確かに重ね焼きだし、中東が発祥だから、
間違ってはいないか・・・
いやでも、トルコのムサカは何層にも重ねないらしいから、
やっぱり矛盾した名前?

特に強い香辛料も使っていないし別段辛いわけでもないので
普通にナスミートグラタンと思って食べても違和感はない。

P1190529.jpg

ただ、皮付きのナスが細切りになっているところが不思議。
ちょっともしょもしょしているので、気になる人は気になるかも。

ジャジュクがかかっているところがトルコ風。
キュウリとヨーグルトのソースがさっぱり。

さて、そのジャジュクは単品でも頼める。

鮮酸奶黄瓜醤沙拉(xian1 suan1nai3 huang2gua1 jiang4 sha1la1):28元
ジャジュク(キュウリのヨーグルトサラダ)

P1190512.jpg

他にもいろいろオーダーしたトルコ料理の数々を一気に!

安卡拉蒜泥醤(an1ka3la1 suan4ni2jiang4):25元
茄子のヨーグルトサラダ

P1190513.jpg

炸奶酪土豆丸(zha2 nai3lao4 tu3dou4wan2):29元
トルコ風ポテトコロッケ

P1190521.jpg P1190524.jpg

特色都爾瑪(te4se4 du1er3ma3):32元
ビベル・ドルマ(ピラフ詰めピーマン)

P1190522.jpg P1190526.jpg

イシュケンダル・ケバブ:58元
(羊肉のグリル・フランスパンとヨーグルト添え)

P1190531.jpg

たぶん、イシュケンダル・ケバブ。
中国語名不明。
羊肉の匂いが若干気になった。

双人焼烤拼盤(shuang1ren2 shao1kao3 pin1pan2):98元
ケバブ各種(二人分盛り合わせ)

P1190532.jpg

これもやや臭みがあったのと、お肉がかためだったのが残念。

巴卡拉瓦派(ba1ka3la1wa3 pai4):35元
バクラヴァ(トルコ風クルミのパイ)

P1190540.jpg

トルコのお菓子といえばコレ!
というくらい超有名なデザートだそうだ。
スプーンを入れるとにじゅっと砂糖シロップがしみだしてくる。
かなりしっかり甘いし、かちかちにかたい。
が、はまる人ははまる。

茴香酒(hui2xiang1jiu3):30元
ラク(アニス酒)

P1190535.jpg P1190508.jpg
P1190537.jpg P1190538.jpg

ブドウから作られる蒸留酒で、アニスで香付けされている。
トルコの国民酒的存在。
同じ系統のお酒がギリシャではウーゾと呼ばれる。

▼詳しくはこちらをどうぞ。
ウィキペディアの「ラク」の頁

上の写真のように、水を入れると白濁する。

が、プリック美和子さんがこう断言。
「水じゃなくても、ラクよりアルコール度数が低いお酒なら濁る。」
経験者は語る。

寺山修司の人形劇台本『狂人教育』の中で、
淫蕩で享楽的な姉マユの台詞によく登場していたのが「アニス酒」。
こんな強い酒をかぱかぱ飲んでたんか、マユよ。
すげー。

私はこのお酒、ちと苦手。
Ayaziにしては珍しい?
いや、たまにはこんなこともあるのだよ。

私自身がトルコに行ったことがないので、
このお店がどのくらい本場っぽいかは正直言って判断できない。
「北京で一番本格的」というのが定評なのでそうなのだろう。
羊肉の匂いが若干気になるので、
もともと羊が苦手な人にはちょっと厳しいかもしれない。
特に苦手ではないという人は、それほど気にならなかったようだ。
このあたりが評価の分かれ目かもしれない。


▼トルコ料理全般についてはこちらから。
All Aboutのトルコ料理

■お店情報■
伊斯坦布爾(イスタンブール)
朝陽区秀水南街B7号
010-6503-2700
*友諠商店の北側の通りにあります。

■お知らせ■

このブログをベースにした本が出版されました!

cover_manpuku.jpg
●書  名:  北京で「満福」 普通がおいしい。本場の中華!
●発売元:  東洋書店
●形  式:  新書版 184P(内カラー8P)
●価  格:  ¥1100(+税)

おいしいものにありつける幸運――「口福(kou3fu2)」がいっぱい、
おいしいものを食べて「幸福」もいっぱいの
私の「北京で満腹」、もとい、「北京で満福」な日々から生まれた
北京のおいしい食べ物と食文化を綴った本です。

巻末には、超カンタン「食べる」中国語講座と、
ayaziオススメの「普通がおいしい」レストランのリストもおつけしました。

キャッチフレーズは「ガイドブック+1冊」!
る●ぶ+満福、地●の歩き方+満福・・・いろんなガイドブックとペアでどうぞ。
小さくて薄い新書サイズです。
スーツケースのポケットにスルッと入れて、北京まで連れてきてください!

▼お近くの書店か、ネットでお求めいただけるとうれしいです。
アマゾンで「満福」セブンアンドワイで「満福」
ビーケーワンで「満福」
楽天ブックスで「満福」

▼詳細はこちらで!
『北京で「満福」』、7月25日発売です!

■ブログランキングに参加しています。
 ポチッとクリックしてくださるとうれしいです!
banner2.gif
↑人気blogランキング(カテゴリー:グルメ)
a_02.gif
↑FC2のブログランキング(カテゴリー:グルメ)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。