【上海・保羅酒楼】~熱菜篇

【上海・保羅酒楼】~熱菜篇
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

【データ】とき:3月6日/ところ:上海・保羅酒楼/ねだん:わすれました~(汗)

涼菜篇からの続き)
撃沈で幕を閉じた涼菜パート、気を取り直して熱菜パートに突入。

椒塩排骨
スペアリブの塩山椒風味揚げ
P1030181_2.jpg


骨、ないんだけど。
塩山椒が山盛りになってついてくると思ってたんだけど。
衣にちょぴっと入っているだけだった。むー。

蟹粉煮干絲
ほぐし蟹肉と干し豆腐の細切りのスープ煮

P1030182_2.jpg


実はこれ、私の好物。
普段は蟹の入っていないものを頼むんだけど、今回は贅沢して蟹粉入り。
これはまあ、まずくなるはずがない、か。

魚肉入り揚げ麩ボールと青梗菜の炒めもの
P1030186_2.jpg


上海料理お得意の透明スープあんかけ。
こういうタイプの炒めものを頼もうと思うと、いつもはエビになっちゃう。

「なっちゃう」とか言ってるところからして、上海料理に対する無知を露呈している?

これは酒徒さんとお連れ嬢のオーダー。これも、普通においしかった。
この揚げ麩、なんていう名前だったっけ?おでんの具にもよさそうだから、KIB●Nあたりで売ったら意外と日本でもいけるかも。

雪菜炒粉皮
雪菜と粉皮の炒めもの

P1030184_2.jpg


あーもうなんだか上海料理なんだか違うんだかよく分からなくなってきた。

でも、雪菜(高菜みたいなちょっと辛みのあるお漬けもの)は南のほうの食材だから、一応上海あたりの料理になるのかな。

これ、美味しかった!

強力胃袋集団の箸の進みが一気に加速。つるつるした粉皮の食感がよかったのはもちろんだけど、本当の理由は別のところにあると私は踏んだ。

ところどころに赤く輝く物体・・・そう、唐辛子だ!

なんのことはない。辛かったからおいしかったのね。

インゲンのXO醤炒め
P1030187_2.jpg


「XO醤もの頼んでいいですか?」
上海料理レストランでXO醤はないだろうと思いつつ、甘甘攻撃に耐えかねて弱気になった私は、思わず安パイに走った。

「これはまた定番ものですね。」
そんな私の気持ちを知ってか知らずか、酒徒さんも苦笑する。

でも、正直に言おう。これがこの日一番美味しかった!XO醤万歳、万歳、万々歳!

生煎包
ごま付き焼き包子

P1030192_2.jpg


最後の最後にこのボリュームある生煎包を頼み、しかも嬉々としてほおばる面々!

強力胃袋軍団(<いつの間にか「軍団」になったぞ)の面目躍如。

お肉たっぷり、生地もたっぷり。お腹が破裂するかと思うくらい詰め込んで、会食はようやく幕を閉じたのだった。

なんだか、後半はおよそ上海料理っぽくないオーダーになってしまった。
そして、上海料理っぽくないメニューであるほど、美味しかったという事実。

さて、
「甘い」
「けちくさい」
という上海料理への二大偏見は払拭されたのか?

保羅酒楼に関しては、「けちくさい」のほうは取り消してもよさそうだ。手頃な値段だし、量も北京には及ばないとは言え、まずまず。考えてみれば、お金にうるさい上海人に人気のお店だ。けちくさいはずがない。

で、「甘い」のほうはどうかと言うと・・・払拭するには、道のりはまだ遠そう。甘くなかったのは、上海料理じゃないメニューばっかりだったしなあ。

と、言う訳で、上海料理への偏見は依然として解消されずに終わり、次回の上海訪問まで持ち越されたのだった。

■お店情報
保羅酒楼
上海市富民路271号
021-6279-2827/021-5403-7239


■人気ブログランキングに参加しています。
人気blogランキングへ
↑ポチッとしてくださると、とっても励みになります。


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。